April 17, 2022

イースター・El Salvador旅行・その2

今日はイースターです。もう娘もエッグハンティングという年でもないので、お菓子やネイル小物を詰めたバスケットをプレゼントして終わり。朝は一緒にうさぎの形のシナモンロールを作りました。耳が短くてあんまりうさぎに見えないですけど(笑)。

ピンクのスプリンクルで鼻、ごまで目をつけました。

庭のチャイブ、紫の可愛い花が咲きました。少し切って、ラナンキュラスと一緒に飾ってみました。
ラナンキュラス、春らしくていいですよね。

チャイブも使い道考えないと。

さて、エルサルバドル旅行の話の続きです。

田舎道は一車線なのでいつも渋滞。

レンタカーがないと観光はほぼ不可能。

レンタカーは傷だらけでかなりのマイル数がある古い車で、ブレーキの音が怪しかったのですが、駐車の難しい場所では小さい車のほうがいいし、ボロいほうが目立たないしで、結局よかったです。

教会を目指せば、街の中心にたどり着けます。

郵便局で私の切手コレクションを入手。

Airbnbのベッドルーム1。

Airbnbのベッドルーム2。

Airbnbのベッドルーム3。

リビングルーム。

大木につなげてある庭のブランコ。

小さい国なので、数時間走ればグアテマラとの国境まで行けちゃうくらいで、首都と第二の都市・サンタアナ以外はほぼ田舎。道が狭い山道でトラックも多く、夜は道が真っ暗で野良犬だらけなので、気を抜けません(って、運転は夫ですけど)。

山の上なので、意外と寒かったです。

外のキッチンテーブル。

大きめのキッチンも。

庭を眺められる椅子がたくさん。

外にもトイレが一つ。

家への入り口の庭。

ハンモックでテキスト中(笑)。

私たちの二番目の宿はAirbnbで、小さな村の中の山の上に建つ庭の素敵な一軒家。管理してくれている老夫婦がゲートの開け閉めから防寒用のブランケットまで、きめ細かくお世話してくれました。英語は全く通じないので、夫と娘のスペイン語が大助かりでした。

田舎は石畳の道が素敵。

Suchitotoという古い村の家並み。

予約する時に庭の写真を見て一目惚れしましたが、Wifi接続が悪いのが不便でした。そのおかげで、私は刺繍がはかどりました。

私たちが一番気に入ったレストラン。

雰囲気が最高。


太陽みたいなワカモーレ。

エルサルバドル風のプレートランチ。

きれいなデッキから湖が見渡せます。

娘は宿題、夫は仕事があるので、インターネットが使えるカフェまで遠出して、数時間過ごしたりも。コーヒーの産地なので、どこでもコーヒーはすごく美味しいです。

ふたりが締め切りに追われる中、私だけオフライン。

基本は田舎の街歩き。暑くてぐったりするので、冷房のある場所でこまめに休憩が必要です。

第二の街・サンタアナの教会。

マーケットで果物を買うのも楽しみのひとつ。

見たことのない果物に挑戦。

親切に食べ方を教えてくれた店の女性。

周りに何もないので、スーパーや路上の店でお酒や果物を買って冷蔵庫に入れておきました。Airbnbはキッチンがあるので、ホテルとはまた違った快適さがあります。

トロピカルフルーツ、最高においしい。

最終回に続きます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...