May 22, 2022

子宮がんと手術

お久しぶりです!

しばらく休んでいた理由は、子宮がんが見つかり、子宮と卵巣の摘出手術をしたためです。

全身麻酔の準備中。身体中チューブだらけ。

去年末に定期検診で異常が見つかり、精密検査をしたらステージ1のがんが発見されました。子宮がんは自覚症状がわかりにくいそうで、早期発見出来たのは幸いでした。もう何ヶ月も心の準備はしていたのですが、さっさと手術を終えてしまいたいという気持ちの反面、お腹を切る大掛かりな手術への恐怖心も拭えず、爆弾を抱えているような落ち着かない日々でした。

注文後、下のカフェテリアから運ばれます。

アメリカの病院は日本と違って気軽に入院出来ません。出産しても母子共に健康なら翌日に帰宅するし、今回はハリウッドにある大病院に入院していたのですが、二泊して立って歩けたらすぐに退院させられました。ベッドも順番待ちです。

ブルーベリーマフィン、ヨーグルト、アーモンドミルク。

ハムチーズオムレツ、オレンジ、アイスティ、チョコアイス。

斬新だったのが、食事のシステム。決まったメニューがトレイで運ばれてくるのでなく、ルームサービスダイニングで、好きなものを電話で注文するのです。

ほうれん草のグレインボウル、ヨーグルト。

ベーグル&クリームチーズ、ヨーグルト、ソイミルク。

フルーツサラダ、コーヒー、ポテトチップス、ヨーグルト。

メニューも選択権が多く、量も時間も自分次第。食欲がなかったので、少量だけ毎回違うものを注文してみました。入院って食事くらいしか楽しみがないですもんね。

私の病室。二人部屋でした。

正直、腫れたお腹と大きな傷、腰を曲げて歩く老けた自分の姿を見るたびに気が滅入ります。大量の痛み止めを飲み、頭がもやもやしたまま起きたり寝たりの繰り返し。頭痛と吐き気と腹痛で、最初の5日間はシャワーを浴びることすら出来ないほどの辛さでした。

それでも自力でトイレに行けるようになり(最初は体に管をつけていた)、食欲も戻り、車も運転出来るようになり、もう買い物にだって行けます!ゆっくりですが回復してるのを実感できます。

娘に薬のスケジュールを任せたら、錠剤を色別に分けてくれました。薬の名前って難しくて覚えられないので、これは名案。

わかりやすい色別メモを作ってくれました。

昔からの読者の方はご存知だと思いますが、7年前に乳がんになり、左胸全摘出手術をしていて、これは二度目のがんです。今回の子宮がんとのつながりはないし、遺伝性もないのですが、やっぱり「なぜ私がまた?」という気持ちもあります。今の時代、がんは珍しくないけれど、これが最後であってほしいです。そうじゃないと、取り除く部分がなくなっちゃいます(笑)。

自分でお腹に注射するのにも慣れました。

手術によるホルモンの急激な変化で、更年期症状が急にやってきたことにも戸惑っています。憂鬱ですが避けられない課題なので、共存してやっていくしかないです。

美味しいと感じるとか、何かを作りたいとか、どこかに行きたいとか思えるって大事なことです。病気になると、最初になくなるのは好奇心と当たり前(と思っていた)の生活。このふたつなしではブログに書くことが思いつきません。

少しずつ前向きな気持ちは戻ってきたので、ぼちぼちとブログも更新していきますね。

May 8, 2022

Dance Concert・抹茶マカロン・母の日

娘の学校でダンスコンサートがありました。

中庭でワインを飲みながら雑談。

選択授業でダンスを習っている生徒や、娘のようにミュージカルに参加した生徒が一年の成果を舞台で発揮する日です。

観客が劇場の中へ誘導されています。

辿り着いたのはステージの上。謎のまま。

シアターの前庭でワインや洒落たオードブルが振るまわれ、久々にコロナ前に戻ったような華やかな雰囲気でした。
しかし、L.A.カウンティではコロナ感染者が増えたため、今週から2週間、また学校内でのマスクが義務化されました。ステージでもマスクをつけたままのパフォーマンス。それが見た目には残念でしたが、中止にならなかっただけでもありがたいです。

ダンサーが立ち上がった途端、歓声があがる。

普通はコンサート前に着席しますよね?でも今回は前庭から観客がバックステージに誘導され、全員がステージの上に座らされました。みんな何が起こるのかさっぱりわかりません。


で、ライトが着いた途端、客席に隠れていたダンサーたちが席をジャンプして踊り始め、びっくり!とても粋なオープニングでした。


娘は3月にあったThe Addams Familyミュージカルの一部分のTango De Amorを踊りました。今回の衣装は自前かつ黒のみという決まりで、この日のために間に合わせで買ったForever 21の24ドルの黒ドレスを着ましたが、舞台ではもっと立派に見えましたよ(笑)。娘はポニーテールでピンヒールを履き、ミニのワンピースを着ている人です。


ヒップホップからサルサまで、曲もダンスもバラエティに富んでいて、最前列席で食い入るように感動しながら見ました。学校のイベントがほぼ通常に戻ってよかったです。

椅子を効果的に使ったヒップホップ。

サルサを見て、私も再開したくなりました。

フィナーレのあいさつ。

数年前にかなり凝って何度も作ったフレンチマカロンですが、たまに復習しないとまた下手になってしまうような気がして、卵白が残った時に作るようにしています。

アーモンドフラワー、粉砂糖、抹茶をふるう。

しっかりメレンゲを泡立てる。

少し乱暴に混ぜるくらいがちょうど良い。

今回は抹茶マカロンで、ホワイトチョコレートと抹茶のガナッシュを挟みました。

8の字が書けるくらいまでマカロナージュ。

ガナッシュの材料。

白いガナッシュが抹茶で渋い緑色に。

ちゃんとピエも出たし、食感も良くて、ほっとしました。

ちゃんとピエが出て嬉しい。


今、裏庭のバラが満開です。何もしなくても勝手に毎年咲いてくれて、ふっくらとしたピンクの花びらが何とも美しく、見るたびに見惚れてしまいます。

店のバラとは違う美しさがあります。

母の日に娘が私の好きなものふたつ作ってくれました。
Eggs BenedictとTiramisu Tres Leches Cakeです。
カナディアンベーコンと完璧なポーチドエッグ。

ベネディクトは通常イングリッシュマフィンのところ、クロワッサンに置き換えたため、よりリッチでバターたっぷりのホランデーズソースとぴったり!
娘の作るものはたいてい花が乗っかっている(笑)。

デザートは私の好きなティラミスとトレスレッチェを一緒にしたもの。マスカルポーネがとろりと口の中で溶けて、これまた最高!
夫が買ってきてくれたシャンペンを飲んで、ハッピーな時間でした。

さて、ブログをちょっとお休みします。次の更新は5月23日(月)の予定です。

May 5, 2022

誕生日のアップルパイ

夫の誕生日は家族で近所のイタリアンレストランに行きました。ケーキよりパイの人なので、また今年もアップルパイを作りました。

りんごを切るのに時間がかかる・・・。

水分が出るので、タピオカフラワーでまとめる。

グラニースミスを11個も使った、りんごぎっしりのパイ。レシピはこちらを使いました。りんごはスライサーを使って薄く切り、砂糖と混ぜて水分を出してしんなりさせます。

りんごをぎっしり詰める。

こんなにたっぷりですが、焼き縮みます。

そこに汁気をまとめる役割のタピオカフラワーを混ぜて、りんごをぎゅーぎゅー押しながら詰めます。出た水分も全部入れてから蓋をして焼きます。

余った生地で59を切りました。

砂糖をたっぷり振りかけて焼きます。

上に「59」とパイ生地を切ったものをのせました。わー、来年はもう還暦ですよ(笑)。

焼く前。空気穴を開けたのですが・・・。

片側が派手に爆発してしまいました。

焼いてるうちにりんごの汁がこぼれて、かなり焦げてしまいました。

パイ生地がさくさくに仕上がりました。

Trader Joe'sの缶入りのPeony Blossomの香りのキャンドルを買いました。

余計なものをつい買ってしまう今日この頃。

日が暮れて30分くらい火を灯すだけで、部屋中が甘い花の香りに包まれます。ちょっと香りが強すぎる気もしますが、良い気分転換になります。

May 3, 2022

万華鏡クッキー

今月のLighthouseコラムは万華鏡クッキーの話です。

このSacred Geometry Aztec Cookiesの作り方を見て、味よりも作る工程に興味を持ちました。

ピンクはドラゴンフルーツパウダーを加えました。

あとはジェルフードカラー。

色付きのクッキー生地を薄く伸ばして同じ大きさにするのですが、コツはビニール袋に入れて大きさを計り、伸ばしたい大きさにビニール袋を折ることです。

同じ大きさにするにはビニール袋の中で作業。

卵白を糊がわりにして接着。

折ったままのビニールの隅々に生地が行き渡るまでめん棒で伸ばします。こうすると打ち粉もいらないし、柔らかくなりすぎたらそのまま冷蔵庫で冷やしてから作業出来ます。

端をすっぱりと切り落とす。

ぴったり45度に切るのは難しい。

こまめに冷やしながら作業するのがコツ。

この薄い生地を重ね、三角に切り、スライスしてから組み合わせ、丸くして焼きます。丁寧に作業したつもりですが、それでもきっちり合いません。

焼く前のクッキー。色鮮やかです。

薄切りにしてから組み合わせる。

かなり大きなクッキーになりました。

でも焼くと少し膨らんで自然とくっつくので大丈夫。色は褪せますが焼き上がった複雑な模様のクッキーを見ると、満足感でいっぱいになりました。

焼いたら色がちょっと褪せました。

チューリップが出回る時期はほぼ毎週買っています。

チューリップが自由に広がります。

April Vase
はたくさんの試験管のつながった花瓶なので、チューリップが支えあえず、まっすぐ立っているのは買ったその日と次の日くらい。あとは茎がもたげてチューリップが勝手に広がります。そんな様子も可愛いです。

茎を切って短いのもまた可愛い。

でも少し茎を切って水を交換すると、また短いチューリップが数日楽しめます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...