April 5, 2021

新鮮な鮭で作るGravlax・春休み

 今月のLighthouseコラムは鮭で作るGravlaxの話です。


たっぷりめの塩、砂糖、ブラウンシュガーを混ぜて新鮮な鮭によくまぶし、ディルをのせて重しをして二日間冷蔵庫に入れるだけ。

下にスパイスミックスとディルを敷く。

鮭はなるべく新鮮な皮無しを。

塩気で、魚の身が引き締まりますが、日本ふうの塩鮭の塩辛さと違って、ディルの香りと砂糖の甘みでマイルドで洒落た味になります。


重しをして冷蔵庫へ。

Gravlaxを作るのは簡単ですが、添えるものは手を抜かず、薄切りの玉ねぎやケイパー、レモン、そしてディルは必須。

生のディルは不可欠です。

とろりとした食感が最高。

冷えた白ワインを飲みながらうすーく切ったGravlaxを食べる幸せよ・・・。

イースターの週末だったせいか、街には以前のように人が溢れていました。

コロナ中にオープンしたというメキシカンレストラン。

外の席でも気持ちの良い季節になりました。

久しぶりに家族で自転車に乗って新しいレストラン Vamonosへ行き、最近流行しているBirria Tacosを試してみました。スパイシーなビーフタコスに、別添えのビーフコンソメを浸して食べるのです。美味しかったー。

サインがずらりと並んでいます。


これまた久しぶりにSanta Monica Airport Antique Marketにも行ってみました。

特に収穫はありませんでしたが、外であんまり混んでいなかったし、よい散歩になりました。


犬を連れている人がいっぱいいました。

私たちもあと数週間でワクチンが接種できるし、学校もキャンパスで授業が始まるし、徐々に以前のような生活に戻っていくのかなという気がします。

ラナキュラスがあまりに可憐で見るたびに嬉しい。

ブログも春休みにします。次回の更新は来週の14日(水)の予定です。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...