October 7, 2020

Back to school night・練乳アイス・歯の矯正

アメリカの学校は秋の新学期が始まってしばらくしてからBack to school nightというのがあります。普通なら親が学校に行って先生からの説明を聞くのですが、今年は全てがオンライン。


まずはZoomで校長の挨拶とか新しい先生の紹介などが全員向けにあり、その後はそれぞれの生徒が取っているクラスの先生の小さなグループに分かれて説明があります。何しろこんなやり方は初めてですから、先生も親も勝手がわからず戸惑うことも多かったです。でも、先生がどんな方かはビデオを通じて伝わってくるし、時間がきっちり決まっているので時間延長にならずに済むという良い点もあります。

子供は適応能力がありますから、親よりよっぽどオンライン授業に慣れて自分のペースをつかんでいるように見えます。

ロサンジェルスは残暑が厳しく、真夏よりも暑い今日この頃です。そんなわけで夕食の後に練乳アイスを食べるのが習慣になってしまいました。


これが馬鹿馬鹿しいほど簡単で、練乳ひと缶にクリームを250cc混ぜて凍らせるだけ。果物をのせたり、抹茶やココアを混ぜたりして味を変えたりして、いろいろ楽しめます。

学校への送り迎えがないぶん、午後の時間の余裕があります。娘は乳歯も全部抜けて13歳になったことですし、矯正をするには良い時期じゃないかと思って、いきつけの歯医者の紹介で矯正専門歯科を訪ねました。


最初は歯を見てもらってどの程度の矯正が必要か判断してもらい、見積もりしてもらうのですが、今どきの矯正技術って進化しているんだなあと感心してきました。

口の中を小さなカメラでぐるりとスキャンして、現在の様子と矯正後の様子を画面で比べられます。噛み合わせ、歯のがたつき、あごの骨、など歯の一本ずつをなぜ矯正する必要があるかを説明してくれます。


娘は透明な型をはめるInvisalignというやり方を選びました。来年からスタートです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...