November 27, 2019

パン生地でCornucopia作り・ピーカンパイ

去年も作ったCornucopiaを今年も作りました。
市販の缶入りのピッツア生地を細く切り、アルミホイルを丸めた型に巻きます。
3缶買ってきましたが、よく伸びる生地で、2本で足りました。
卵を塗って焼くだけ。
きれいな焼き色に焼けたのですが、娘が見て一言「羊の角は先っぽが尖ってないと」と。
確かに・・・来年はもっと尖った型を作ってそれらしい形にしよう。
アルミホイルにはスプレーオイルを忘れずに。
中には裏庭で収穫出来たざくろ、道で拾った松ぼっくり、頂き物の柿、庭のローズマリー、スーパーで買って来たドングリやくるみなどを詰めました。
からからに乾燥焼きしてあるので、数日置いたままでも平気みたいです。
いかにもサンクスギビングって感じでテーブルが華やぎました。
果物の色が冴えています。
バーボン入りのピーカンパイを焼きました。
夜中のパイ作り。下焼きした生地にフィリングを注ぎます。
普通はコーンシロップを使うところを、メープルシロップと蜂蜜に置き換えたレシピです。
パイ生地にも砕いたナッツを加えてあるんですよ。
私は今年もターキーは焼きませんが、何となくパイのシーズンなので、こんなのを焼いてみたくなったのでした。
バーボンが甘さを引き締めてくれています。
さて、今週は学校もずっと休み、スーパーは激混みで、アメリカはサンクスギビング一色です。ターキーの写真見るだけで、お腹いっぱい食べたような気分です。
我が家も小旅行に出かける予定。
ブログは12月6日(金)までお休みしますね。

November 25, 2019

Flax Seed Crackers

フラックスシードに水を混ぜてふやかして、オーブンで焼くだけというクラッカーを作ってみました。
水とフラックスシードを混ぜて、一晩置く。 
パーチメントペーパーの上に薄く伸ばす。
低温で3時間やくと、薄くてぱりっとしたクラッカーになります。
何のつなぎも入っていないので、ほろほろと崩れますが、チーズやジャムに添えるのにぴったりです。
乾燥焼きすると少し縮みます。
健康的な味ですが、何しろ歯の間に詰まりますね(笑)。
この前、友人のガールフレンドの大学院の研究室での乳がんの研究会みたいのに呼ばれて行ってきました。
ダウンタウン近くのUSCです。
私が乳がん経験者だから呼ばれたのですが、正直言って話が難し過ぎてちんぷんかんぷんでした(笑)。
専門用語が多過ぎてわからないし、老眼でスライドもよく見えない(笑)。
いちばん面白かったのが、最後の研究室ツアー。実際に乳がんの研究している実験室を案内してもらうなんて、滅多にない機会です。
大学院のがん研究室を見せてもらいました。
新しいセーターを編もうと、毛糸を巻いています。
今度は太めの糸で、編み針も10号と太いので、わりと早く編めるんじゃないかなと思っています。
糸巻きはアメリカで買ったのですが、日本製なんですよ。

November 22, 2019

Fanny pack

日本語だとウエストポーチ、英語だとFanny packと呼びます。
ファスナーは金属のを選びました。
裏布が付き、あとは端の始末をするだけ。
たまにハイキングに行く時、近所をサイクリングする時など、手ぶらで出かけられるバックがあったらいいなと思いました。
バイアステープも同じ布で作りました。
このFennel Fanny Packのパターンを見た時、実際に型紙があるわけでなく、ただ自分で測って型紙を作ってその通りに縫う、というのが面白かった。
バイアステープを周りにつけ、端布の処理。
でもカーブしているので少し難しかったです。
ただ、私はこういうウエストポーチを日常的に使うとも思えなかったんです。
わざわざ布を買いに行くほどのこともないかと。
それで、以前に靴を作った時の余り布を取り出してきました。
ようやく全体図が見えてきました。
裏布はキルトを作った時のあまり布。新しく買ったのはファスナーとベルト、ベルトの金具だけです。
ベルトもつけました。
説明通りに縫ってみると、あっけないほど簡単。
地味で目立たないファニーパックですが、そのほうが使いやすいんじゃないかと思っています。
黒いポーチの中を開けると、ピンクの花模様が見えるのが可愛い。
電話とかハンカチが最小限はいるくらいの小さなウエストポーチです。

November 20, 2019

パンダの白玉

少し前に作って、ここに書くの忘れてましたが、パンダの形の白玉を作ってみました。
「デコ白玉」という言葉があるのを知って、画像を色々見ていたら作りたくなったので、日系スーパーに白玉粉を買いに行きました。
茹でる前はこんな感じ。
黒は本当は黒練りゴマとか使うといいんだろうけど、私は黒のフードカラーを混ぜて濃いめのグレーにしました。
パンダの顔が表面に浮かんでくる様子は面白い。
白い団子を最初に作り、小さく丸めた黒い顔のパーツを汚れないようにくっつけます。
茹でたらちょっと変な顔になったけど、一応パンダには見えます。
茹でるとグレーも真っ黒になりました。
粒あんの上にのせて食べました。

去年編んだかぼちゃとドングリの飾りを糸でつないで、暖炉の下に飾りました。
秋らしい雰囲気に。

November 18, 2019

Almond Butter Buckeyes

白い豆に黒い斑点があるBuckeye Beans。
それが名前の由来だというお菓子です。
アーモンドバターの油分で、粉砂糖がまとまります。
よく見かけるのはピーナッツバターですが、どんなナッツバターでも同じように出来ると思います。私はアーモンドバターを使いました。
レシピはこちら
軽く凍らせるのがコツ。
粉砂糖を混ぜて丸め、チョコレートでコーティングをするだけ。
一口サイズで、コーヒーのお供にぴったりです。
溶かしたチョコレートの中にくぐらせる。
上に塩を振って、甘さとのコントラストを楽しむ。
週末に、娘の学校の高等部の演劇を見てきました。
いつものグループでタコスを食べに行ってから、劇場へ。
よく通る声、いきいきとした表情。
シェークスピアの「十二夜」。
私の英語力では到底理解出来なかったけど、舞台も演技も素晴らしかったです。高校生って大人っぽい、っていうか大人そのものだと思いました。
近所のタコス屋で夕食を取ってから学校へ。

November 15, 2019

アーモンドタルト

このタルト生地を知ってからは、これ一本です。
縮まないし、下焼きの時の重石は要らないし、サクサクでおいしい。
甘酸っぱいチェリージャムが合います。
空気が入らないようきっちり詰める。
このタルト生地にチェリージャムを敷き、アーモンドクリームを広げてスライスアーモンドを散らして焼きました。
スライスアーモンドを散らしてから焼く。
秋らしいお菓子です。
しっとりした生地がさくさくのタルトとよく合います。
娘の髪の毛はかなり長く、毛先が結構傷んでいます。
私が「たまには毛先を揃えに美容室に行こう」と行っても嫌がります。
そしたらこの前、「どっちにしろ傷んでいるんだから、毛先だけブリーチして紫色に染めたい。失敗したら切ればいいから。」と言い出しました。そう来るかー。
紫でもいろいろなシェードがあるのですね。
私の好みではないけれど、何事も実際にやってみないとわからないので、自分でやるならお好きなように、と言いました。
好みが似てる友達とアルミホイルを巻いてブリーチ中。
ドラッグストアに連れて行かれて、小一時間、あーでもないこーでもないと色選び。
週末には友達が家に遊びに来てふたりでブリーチ&染め。
実は、意外と似合ってるんじゃないかなと思います。
屋根の上に登って髪の毛が染まるのを待っています。

November 13, 2019

Milk Bar's Birthday Cake

Milk Barの看板商品・Birthday Cakeを作ってみました。
レシピは随分前に出版された本からです。
作ってみたいレシピがいくつもあります。
Christina Tosiのレシピは幾つかの面白い特徴があります。
まずは「ケーキをシート状に焼いて、リングで抜き、ケーキを組み立てる」。
粉類にもレインボースプリンクル。
紙を敷いたシートパンに流します。 
焼く前にもレインボースプリンクル。
薄いのですぐ焼けます。
6インチの丸形に切り抜きました。
焼き時間も短いし、お店ではこの方が合理的なのかもしれないけど、私は丸形で普通に焼く方が好きです。そして、透明なプラスチックをリングに沿わせて、背の高いケーキにします。私は持ってなかったので、そのまま積み重ねたため、ちょっと不格好になりました。
下と上だけきちんとした丸で、真ん中のレイヤーは残りのケーキを
パズルのように組み合わせて丸くする。
フロスティングはクリームチーズ入り。
次に「Soakをたっぷり塗る」。
このケーキの場合、牛乳に透明なバニラを混ぜたものをケーキに染み込ませながら組み立てます。
粉類に油を加えてそぼろにする。
オーブンで焼いてカリカリにする。
そして「クラムを別焼きして、多用する」。
大ぶりのそぼろ状のクラムをケーキに挟むことによって、食感が面白くなる。
ケーキを組み立てる。型がないのでそのまま積み重ねました。
完成。すごく切りにくいです。
これが本の写真。型に入れるともっときっちりしますね。
はっきり言って歯が溶けそうなほど激甘なケーキです。
私は好きですが、家族は全く興味がなさそうでした。
Trader Joe's のチリオイルをグリークヨーグルトに混ぜただけ。
夫も娘も外出していた夜、私はButter-Baked Saltines with Chili Crisp Yogurt Dipを食べながらワインを飲み、日本語の本を読んで過ごしました。私の理想の静かな夜。たまには一人もいいものです。
庭のザクロを収穫しました。
最近、湊かなえさんの本をよく読んでいます。「イヤミス」(読後に嫌な気分になるミステリー)というジャンルだと知って、妙に納得がいきました。何かくせになる面白さ。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...