December 9, 2018

1年越しのフルーツケーキ

今月のLighthouseコラムはフルーツケーキの話です。
上の写真をクリックすると拡大して読みやすくなります。
Taproot Magazineに載っていたOld-Fashioned Fruitcakeをずっと作りたいと思っていました。それで、今年の一月にようやく焼きました。
刻んだドライフルーツにダークラムをたっぷり。
くるみも刻んで混ぜます。
何しろ、大量のドライフルーツとナッツを使うのです。いろんな種類のドライフルーツが入った方が、複雑な味になるかなと思って、ファーマーズマーケットの量り売りで少しずつ色々なのを買ってきました。
生地が分離しないように、全部室温に戻しておく。
バターと砂糖をふわふわになるまで混ぜる。
粉とドライフルーツを交互に混ぜる。
生地はどっしり、ほとんど膨らみません。そのうえ、焼き上がりはレンガ?と思うくらいに重い。
ここからが、楽しみにしていた行程です。チーズクロス(ガーゼのような薄い布)をダークラムに浸して、それでケーキ全体を包むのです。
卵白を角が立つまで泡立てる。
泡がつぶれないようにさっくりと混ぜる。
長持ちさせるためですが、布をはがして薄くカットするたびに、ちょっとした儀式のような感じがして、大切に食べようという気になりました。
上に牛乳を塗って焼く。
ずっしりと平らに焼き上がります。
チーズクロスにラムをどぼどぼ。
我が家では私しかフルーツケーキを食べないのですが、それでもあっという間になくなりました。
ラムで湿った布をケーキに巻きます。
これをさらにアルミホイルに包んで保存。 
一切れで酔っぱらいそうな濃厚なケーキ。

December 7, 2018

Vanilla Bean Apricot Sandwich Cookies

ホリデーらしいサンドイッチクッキーを焼きました。
本には大小の四角い型で抜いてあって、ちょっと額縁みたいなデザインだったのですが、私は真ん中を小さな星のカッターで抜きました。
星を抜く時は、かたすぎると割れるし、柔らかいと変形するので、
ちょうど良く冷やすのがコツ。
America's Test Kitchenのレシピで、彼らのクッキーレシピにはよくクリームチーズが少々入っていることが多いのです。
穴があると焼き時間が違うので、上下別々の天板で焼くこと。
これも1oz(28グラム)だけ生地に混ぜますが、クリームチーズの味はしないし、良い食感になり、生地も扱いやすいです。
ジャムは端まで塗らないほうが、きれいな仕上がり。
真ん中にアプリコットジャムを塗って、星つきのクッキーを上にのせます。
先週末、娘が学校のオープンハウスの手伝いに行きました。
数学の先生のロボット作りのクラスのアシスタントの仕事をもらったそうです。
ひげが長いので、名札を見るまでわからなかったそう。
来年入学希望の子供たちとその両親がクラスを訪ねて、体験入学をするのです。
何と、その中に俳優のJack Blackがいたそう。
娘がロボットのデモンストレーションをしていたら、ジョーク言って自然に盛り上げるのがうまい人だったとのこと。
娘は「Jumanji: Welcome to the Jungle」という映画が大好きで、少なくとも10回は見ているのですが、Jack Blackも出ているのです。
それで、「I love Jumanji!」と彼に言ったら、「Yeah!!  High Five!」と言ってハイファイブしてくれたそうです。うらやましー。ちゃっかりセルフィーも撮ってもらってました(笑)。

December 4, 2018

今年のアドベントカレンダー・オレンジケーキ

今年も恒例のアドベントカレンダーを始めています。
赤い紙にアイテムを印刷したものを、ミトンの中に入れる。
お菓子とかリップグロスとか、フローズンヨーグルトに行こうとか、小さな頃に比べて「消えもの」が多くなりました。

以前はおもちゃっぽいものがほとんどだったけど、もう11歳ですもんね。
娘の昔描いたジンジャーブレッドハウスの絵も額に入れました。
待ちに待っていた「The Bullet Journal Method」 By Ryder Carrollを読み始めました。
以前に書いたバレットジャーナルの考案者の初めての著書です。
これを読むと、来年はモノクロでシンプルなジャーナルも
いいなと思ってしまう。
本人がデザイナー出身ということもあって、シンプルながらスタイリッシュなつくりです。
何かと慌ただしい師走、このジャーナルのおかげで、毎日のスケジュールが頭の中でクリアになっています。
折れた枝には未熟なオレンジが4つもなっていました。
先日の大雨で、庭のオレンジの枝が折れてしまいました。
ワックスなど着いていないので、皮ごとそのまま。
まるでレモンのような色。
まだ熟しきっていなくて、オレンジというよりはレモンのような色の酸っぱい果実でしたが、これを皮ごとピューレして、ケーキに焼き込みました。
分離しやすいので粉とオレンジを交互に入れる。
バントパンでじっくり焼く。
が、これが皮の苦みが強過ぎて、失敗。皮は全部じゃなくてほどほどにしておけばよかったです。
苦いので、アイシングがあって良かったー。
失敗ケーキを食べ続けるのは、けっこう苦痛・・・。
サルサのクラスも今年あと数回。
昨日は先生とデモンストレーションを踊らせてもらえました。自分の弱点がよくわかります・・・もっと姿勢よく堂々と動けるようになりたいです。


December 2, 2018

Bree cheese・ヘアカット

夫が二週間ほどオランダのアムステルダムに出張しています。
スカイプで話したり、写真を送ったりしてくれるので、あんまり遠くにいるという感じがしません。小雨が降ったりやんだりで、まるでオレゴンの天気みたいだと言っていました。

夫の不在に加え、娘も学校の演劇の手伝いで毎晩遅く、夕食も学校で食べてくるような状況だったので、私は気ままにひとりで夕方からハッピーアワーです(笑)。
ブリーの白い外側の皮は取り除きます。
昔作った陶器のミニフライパンで焼きました。
ブリーチーズに刻んだドライアプリコットとローズマリーの葉っぱを振りかけ、はちみつをたらりとたらして、オーブンで溶けるまで焼きます。
夕方からひとりでスパークリングワインを飲む幸せよ!
熱々をクラッカーですくって食べると、もう最高。甘さとしょっぱさが絶妙に合った一品です。

ここ数ヶ月くらい、長くて重い髪の毛に飽きていました。でも、短くするといつも「また伸ばそう」って思うこともわかっているのです。
切る前に娘が後ろ姿を撮ってくれました。
でも「髪は伸びるんだし、切りたいんだから切ろう」と思って、肩につくくらい8インチほどバッサリ切りました。何が良いって、プールの後、髪の毛を乾かす時間が半減したことです。
こんなに短くしたの、何年ぶりだろう?
週末はShrek the Musicalを学校の劇場で見てきました。娘は大道具係として参加したのです。
会場は満員。
全員が中学生とは思えないほどの歌唱力、自信がみなぎる堂々とした振る舞い、クリエイティブなコスチューム、ライブバンド・・・2時間たっぷり楽しませてもらいました。
全身黒い服を着た娘が暗い中を道具を動かしているのが見えました。面白いもので、大勢の黒子の中からでも、自分の娘の陰ってすぐ分かる。
娘は大道具係だったので、舞台に出たのは最後の挨拶だけでした。
裏方として働いて、その大変さがわかったみたいだし、新しい友達も出来たようでよかった。
サンタモニカにあるインディペンデント系の小さな映画館。
友達が「万引き家族」を小さな劇場で上映中だと教えてくれました。
日本の記事など読んで、見たいと思っていたのですが、まさかアメリカで英語字幕付きで見られるとは思っていませんでした。

何とも重いストーリーでしたが、すごくよかったです。
我が家の今年のツリー。ぐんぐん水を吸うので、
毎朝ケトルで水を補給しています。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...