November 15, 2018

Cabo San Lucas・その1

メキシコ旅行から戻ってきました。
パイロットの席に座らせてもらい、クルーのブローチを頂きました。
行きの飛行機に乗る時に並んでいたら、入り口でパイロットが娘に「コックピットの席に座ってみませんか?」と声をかけてくれました。こんなチャンス、滅多にありません!私は飛行機大好きなので、娘が羨ましいくらいでした(笑)。
ロサンジェルスからたったの2時間半です。
Cabo San Lucasはけっこう広くて、自由に動き回りたいのでレンタカーを借りました。
食事がまだだったので、まずレンタカー会社のお兄さんに教えてもらったおすすめのレストランへ行きました。

このへんはシーフードが新鮮で美味しいので嬉しい。私は牡蠣が大好物なので、Oyster Rockefellerを注文しました。
広いバルコニー、プールが目の前!
ホテルはVilla la Estanciaという、海が目の前の便利なロケーション。
プールで遊んだり、本を読んだりしてのんびり出来ました。
Swim-up barで頼むバージンピナコラーダを注文する11歳。
今回の旅行のお供は「Thirst」 by Scott Harrison。他にやりかけの刺繍も持って行ったんだけど、本があまりにも面白くて、一度もやりませんでした。
海が目の前の絶好の場所。
夜は海で花火。
前回の旅行で立ち寄って、最高に気に入ったレストラン「Mi Casa」へまた行きました。
ここは絶対にまた来たかった!
カラフルで素朴で、私の夢のレストラン。
相変わらず可愛くて料理もおいしく大満足。テーブルに絵描きの男性がやってきて、娘の顔を描いてくれました。ほんの10分ほどでしっかりと特徴をつかんだ表情を描いてくれました。
バージンフローズンダイキリを飲んでいる娘をささっと描く。
なかなか似ているでしょう?
グラスも食器も全部可愛いんです。
私はスズキのバナナリーフ包みを食べました。
食事が終わった頃、今度はFortune telling birdの入った箱を持った男性が現れました。
小さな鳥かごの中にカナリアが二羽入っていて、ドアを開けると一羽が占いの紙を選んでくれるのです。
まあ、フォーチュンクッキーみたいなものですね。
この鳥かごの中からカナリアが出てきます。
で、箱の中から紙切れをつまんでくれます。
この手作りのセットも何か可愛い。
併設のショップでお土産を買う。
ある夜は、ダウンタウンで食事した後に、フーズボール(テーブルサッカー)が置いてあるレストランを見つけて入ってみました。娘はフーズボールが大好きなのです。
隣で飲んでいたグループがアドバイスしてくれました。
しまいには、みんなでビア・ピンポン。
交替しながら遊んでいたら、隣のテーブルにいた地元の人達が興味を持って、一緒に遊びました。ビア・ピンポンをしたり、サルサを踊ったり、マルガリータを飲んだりして、何だか良い夜でした。

次回に続きます。
ダウンタウンまで夜の散歩。

November 9, 2018

お菓子の保存法

Pecan Barsを焼きました。
America's Test Kitchenのレシピで、クッキー生地にも少しピーカンナッツを加えて香ばしく、塩がいい具合に利いていておいしいんです。
こういう焼き菓子を作ると、冷蔵庫でなくキッチンのカウンタートップに置いておきますが、今まではプラスチックで出来たケーキを持ち運ぶ容器みたいのに入れていました。密封出来れば良いので、合理的ではあるんですが、見た目が今ひとつ。
液体と混ぜずに上にのせるのが他と違うやり方。
それで、木の台にガラスのドームを被せるスタイルのを買いました。
中身がよく見えるし、ベーカリーみたいで気に入っています。
ガラスを割らないかとちょっとヒヤヒヤしますが・・・。
旅行前に冷蔵庫の中身を使い切りたくて、あるもので夕食を作りました。
カリフラワーをローストして、パインナッツ、レーズン、ケイパーで作ったソースを添えたもの。あとは、買い置きのじゃがいもでスパニッシュオムレツ。で、最近気に入っているAji Amarillo Sauceというペルーの万能ソースをつけて食べました。
ラテンアメリカっぽい辛さ。
メキシコスーパーで、黄色いベルペッパーのペーストを買って来て、ハラペーニョ、香菜、パルメザンチーズ、にんにく、マヨネーズを混ぜるだけ。
冷蔵庫が空っぽになると、気持ちもスッキリしますよね。
クリーミーでぴりっと辛くて、マヨネーズ好きならきっと気に入るはず。

アメリカは日曜がVeterans Dayという祝日です。
私達はちょっと長めの連休にして、メキシコのCabo San Lucasへ旅行してきます。
ブログは来週の金曜日に再開しますね。

November 7, 2018

Aged eggnog・アイスクリームトリュフ

去年も作ったエッグノッグを今年も仕込みました。
三種類のアルコール(ラム、コニャック、バーボン)をどぼどぼ加える、大変強いエッグノッグですが、30日ほど寝かすと、熟成されて丸みのある味になります。
普段は飲まないウイスキーですが、エッグノッグには合います。
生の卵黄がたっぷり入っているし、牛乳やクリームも入っているのに、なぜ長持ちするの?と思うかもしれませんが、強いアルコールのせいで、バクテリアなどは死滅するんだそうです。
冷蔵庫に入れて30日間後に飲み始めます。
この前、テレビで見たアイスクリームトリュフを作ってみました。
アイスクリームは小さなスクープですくって凍らせ、溶かしたチョコレートとココナッツオイルを混ぜたものにくぐらせます。
アイスクリームスクープで小さくすくったアイスクリーム。
ココナッツオイルを混ぜることによって、瞬間にパリパリに固まるのです。その前にすかさず刻んだピスタチオナッツを振りかけました。
アイスクリームが溶けないように、さっと作業。
でも、作業しているうちにアイスクリームが溶けてくるので、思ったより作るの難しい。
一口サイズなので、どんどん何個も食べてしまう・・・。
今週から冬時間が始まり、空気が乾燥して秋らしい天気になってきました。
可愛いパッケージが気に入りました。
SephoraでBrazilian Bum Bum Creamを買ってきました。容器が可愛いのと、ピスタチオ&カラメルの香りに惹かれました。他のクリームに比べて、格段に良いかというと、そうでもないですが、クリームでも塗らないと、肌が乾涸びそうです。

November 5, 2018

Peyote Stitch

今月のLighthouseコラムはPeyote Stitchというビーズステッチの話です。
上の写真をクリックすると拡大して読みやすくなります。
最初に出会ったのは、コロンビアの首都・ボガタという街で、通りに布を敷いて目の前で作っていた女性ふたりの店。
3年前、ボガタの街角でビーズ細工に魅せられた。
偶然見つけて、あまりの素敵さにたくさん買いたかったのですが、あいにく空港に向かう直前で、現金の持ち合わせがあまりなかったのです。
それでもいくつか気に入ったのを買って、大切に使っています。
メキシコでは数が多過ぎて迷いに迷いまくりました。
次に、メキシコのプエルト・バイエルタという街のクラフトマーケットで、同じようなビーズ細工を見ました。私にとってはダイヤモンドよりずっと魅力的なアクセサリーで、こんなのを自分で作れたらいいなあーと思っていました。
ネイティブアメリカンっぽいデザインに挑戦。
YouTubeでいろいろ調べて、チュートリアルを見ながら学びました。何度もビデオを停止してビーズの穴を観察したり、肝心なところで間違えて全部やり直しになったり、思ったより難しかった。
丸いのは、ビーズの数を数え間違えないようにするのが大変。
でも、同じ形でもビーズの色を違えればぐっと違ったイメージになるので、同じのを何個か作っているうちに、パターンが読めてきた!そうなると、楽しくなってくるんです。老眼鏡かけてたくさん作りました。
娘がデザインした通りのビーズと色で作りました。
私の作ったPeyote Stitch イヤリング。
先週の金曜日、娘のスペイン語のクラスでDay of the Deadのイベントがありました。
朝5時に起きて、化粧して張り切って学校に行きました。
朝はまだ真っ暗。

November 2, 2018

Pumpkin cheesecake・ハロウィンの夜

パンプキンチーズケーキを焼きました。
クリームチーズ3箱の濃厚なチーズケーキ。
グラハムクラッカーを砕いたものをバターと混ぜる。
シナモンも加えました。
グラハムクラッカーを底に敷いて、アルミホイルで型の周りを覆いました。
缶のパンプキンピューレを使うんだから、一年中いつでも作れるはずなんだけど、パンプキンのお菓子ってやっぱり秋っていう気がしますよね。
缶のパンプキンピューレを加える。
長い時間かけて、ゆっくりと湯煎焼きします。
夫も大好物なニューヨークスタイルチーズケーキにパンプキンを入れて焼いただけなのに、普通のがいいと言って食べません。娘はチーズケーキ嫌い。ゆえに、私一人で毎日ちびちびと食べたのでした。
焼けてからも、一晩冷蔵庫で寝かせます。
濃厚な秋の味。
ハロウィンの夜は、娘の親友のお母さんが夕食に招待してくれました。Trick or treatへ出かける前に、腹ごしらえして一杯飲んでから出発しようというわけ。
夕焼けを見ながらの夕食。
小学校からの友達と、卒業してからもゆるく付き合っていけるのって、いいなと思いました。私も長年のお母さん友達とおしゃべりすると、何かホッとします。
空に浮かんだお化けが可愛い。
今年私達がTrick or treatへ出かけた場所は、海の近く豪華な家の並ぶ通りで、デコレーションがディズニーランド並み!この日は車の通行が禁止なので、子供たちも安心して歩けます。
夫も会社を早退してかけつけました。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...