July 15, 2018

Pink・ついてない

ラズベリーアイスクリームを作りました。
ベリー類が旬で安い。 
カスタードベースにピューレを加えます。
生のラズベリーをピューレにして、バルサミコビネガーでちょっと大人っぽい味にしました。
アイスクリームメーカーで30分撹拌。
ラズベリーの種のつぶつぶもいい感じ。
庭のバラが、夏の暑さにも負けずきれいに咲いています。
部屋に飾ると、ぱっと雰囲気が華やぎます。
花びらが少しずつ開いてゆく様子も美しい。
オーストリアで買ったビアマグに入れました。
娘がキャンプで描いていたFrida Kahloの絵が途中だったので、家に帰って仕上げてもらいました。これもなぜかピンクがアクセントカラーになっていました。
頭の花と顔の特徴をよくつかんでいると思います。
娘と映画館でSkyscraperを観てきました。娘がDwayne Johnsonのファンなんです。
ポップコーンとフローズンドリンク。映画チケット代より高い!
私はあまり期待していなかったのだけど、すごく面白かったです。外が暑いせいか、オープニングの日だったせいか、かなり混んでいました。
香港が舞台です。
二度あることは三度ある、ということわざがありますが、最近困ったことばかり起こって落ち込んでいます。
最初は車をぶつけられた事故、次は車のパンク、そして、先週は何とジムのロッカーから私のiPhoneと車の鍵が盗まれてしまったのです。これ全て一ヶ月以内に起こったのですよ!せっかくの夏休みが台無しです。

もう思い出したくもないほどパニックして落ち込んだし、無駄な出費ばかり続きます。お願いだから、これ以上悪いこと起こらないでー!!!!!!!

July 13, 2018

Spatchcock Chicken・Negroni

Mama Camp、まだまだ続きます。だんだんネタ切れしてきたけれど・・・。
はさみで骨を切り取ります。
ローストチキンを一緒に作りました。
でも、鶏肉がグロテスクだと言って、すぐ嫌がってしまいました。私としては、少しは料理を覚えてもらういいチャンスだと思うんですけど、娘本人は料理にあんまり興味ないみたいです・・・。
オリーブオイルを塗って、塩とこしょうを振って焼きます。
骨を除いて、手で平らにつぶしてから焼く、Spatchcockというやり方です。
早く焼けて、クリスピーな皮の部分がたくさんできます。
鉄のスキレットで焼きました。
カリカリの皮のローストチキンをまずそのまま食べ、残りをチキンサラダにして、骨はスープにしました。
ほうれん草のパスタをくるくると丸めている女性。
モッツアレラチーズをボールにしている男性。
そういえば、週末にEataleyへ行ってきました。以前行った時は、すごい行列で入るのを諦めたのですが、今回は大丈夫でした。
一階のジェラート屋の天井から、紙のフルーツがぶら下がっていて可愛い。
パン、チーズ、パスタなどを作っているのを目の前で見ることが出来たり、面白い食材や食にまつわる本が並ぶマーケットも素晴らしい。

私達はIl Pesce Cucinaというシーフードレストランで食事しました。シーフードサラダも美味しかったし、Negroniはジンとカンパリの苦みが利いて最高でした。
イカのフライをつまみに、ネグロニを飲む。
花のような盛りつけのシーフードサラダ。
一階にあるIl Gelatoは少し並びましたが、ジェラートも美味しかったです。
こうしてみると、本当に飛んでいるみたい。
娘がまた空中ブランコをやりたいというので、クラスに連れて行きました。
Catchと呼ばれる、もう一人のブランコの人の手をつかむ技も成功して、満足そうでした。

July 10, 2018

Duff's Cakemix

Mama Campはまだまだ続いています。今度はDuff's Cakemixへ行ってきました。
二年前にも一度行ったことがあって、とても楽しかったのです。
店の人はみんなすごくフレンドリー。
まるでカフェテリアのように、デコレーションの材料を選びます。
フォンダンがシリアルバーのような小さなパッケージに入っています。
前回あった、フォトブースとかエアブラシブースはなくなっていて、値段も少し上がっていました。前は小分けしてラップに包んであったフォンダンが、まるでシリアルバーのようなパッケージに入っていて、なかなか良いアイデアだと思いました。
スプリンクルやキャンディのコーナー。
あらゆる種類のクッキーカッター。
娘はサボテンとサンセットがテーマのケーキを作りたいと言いました。
店の人にエアブラシでサンセットのようなグラデーションを頼んで(プラス5ドルです)、あとは娘がサボテンを作って飾りました。
エアブラシでサンセットのようにしてもらいました。
これが娘のケーキのベース。
見本で置いてあったポップコーンケーキ。
こちらも見本の植木鉢に入った花のケーキ。
多肉植物(Succulent)を作るためのチュートリアルの紙があったので、それもやってみました。
色んな種類の説明書がありました。
これが娘が選んだデコレーションキット。
グラハムクラッカーを土に、ロックキャンディを石に見立てて、ケーキの上にのせました。なかなか可愛く出来たと思います。
プレイドウのような感じでサボテンをたくさん作りました。
ケーキの下につける白いフォンダンをカット。
水をつけて素早く巻きます。
ケーキが完成!
オレンジとグリーンがよく合っていると思います。
ちょっと時間オーバーで2時間近くかかりました。
中身はFunfetti Cake。フロスティングが激甘ですが、
しっとりしてとても美味しいケーキです。
大きなポートベローマッシュルームで、ワインに合うおつまみを作りました。
ガーリックバターを両面にたっぷり塗り、ミニトマトとモッツアレラチーズをのせて、オーブンで焼きます。
上がこんがりとした色になるまでオーブンで焼く。
バルサミコビネガーにブラウンシュガーを少し混ぜてレンジで温めてとろりとさせたグレーズを上にかけて、庭のバジルをちぎってのせたら出来上がり。
チーズがとろーっと溶けて、とても美味しかったです。
たっぷりのガーリックバターが美味しさの秘訣。

July 9, 2018

Butterscotch Creams

このレシピでButterscotch Creamsを作りました。
ブラウンシュガーを使った、クレーム・ブリュレといった感じです。
バターとブラウンシュガーをレンジで溶かす。
クリームを加える。
卵黄にクリーム液を混ぜる。
1971年出版のThe making of a Cook(Madeleine Kamman著)に載っている古いレシピだそうです。こってりして美味しいです。
 この4カップ(1クオート)の耐熱ガラスの計量カップはとても重宝しています。
これはAnchor Hockingのものです。安くてどこでも売っているのも良い点です。
湯煎焼きします。
まだ真ん中がふるふる揺れるくらいで取り出して余熱で火を通す。
バタースコッチプディングをさらに濃厚にしたような味。
この二週間は、サマーキャンプの予定がないので、私がMama Campと名付けて、いろんな予定を考えて娘と遊んでいます。
放っておくと、一日じゅう平気でiPadでYouTubeビデオ見てますから、何かクリエイティブなこと、新しいことを一日にひとつはやってみるのが目標です。
ピンクのネオンがキラキラのボーリング場。
ある日は娘の親友を誘って、行ったことのないボーリング場に連れて行きました。
ボーリングは、たまにやると面白いけど、毎度決まって爪を折ってしまうんです・・・今回も折って、超深爪・・・とほほ。
147、私にしては上出来のスコア!
娘がサマーキャンプで作ってきた、Mensch ärgere dich nichtというドイツのボードゲームでも遊びました。石に色を塗ってコマを作ったそうです。
家族でボードゲームをする、っていうのも、夏休み!って感じがします。

July 6, 2018

熱帯魚のシンク

今月のLighthouseコラムは裏庭に作ったシンクの話です。
上の写真をクリックすると拡大して読みやすくなります。
裏庭にりんごの木のモザイクをした時、将来シンクを作る部分だけ省いておきました。
シンクの枠は夫が作りました。
いつも庭に水場があると便利だなと思いつつ、それほど頻繁に使う場所でもないので、優先順位が低く、ずーっと放ったままでした。
きれいな波のような模様の水色のグラネットです。
こういうプロジェクトって、時間がかかるという問題じゃなくて、やる気の問題なんです。
いったんやり始めたら、「なぜさっさとやらなかったんだろう?」っていつも思うから。
久しぶりにタイルを取り出してきて、バンバン割りました。
下絵は鉛筆で適当に描きます。
このシンクは、去年グラネットのトップを買って、ようやく作業に取りかかりました。
倉庫に余っているメキシカンタイルだけを使い、どんなものが出来るかと考えて、熱帯魚と珊瑚にしました。
まず魚の部分からタイルを貼ります。
魚を貼り終わったら、周りの青いタイル。
あまり凝りすぎず、簡単な模様なので、さっさと数日で出来ました。
ミントグリーンのタイルで側面の珊瑚。
こちらはワインレッド色の珊瑚。
グラウトをすり込みます。
私としても、たまにモザイクすると、単に楽しい!という気持ちで作業出来ます。これが毎日続くと、爪が割れたり手が荒れたり、腰痛になったりして、辛くなってくるのです。
少し乾いてから拭き取ります。
シンクの完成!使い勝手抜群です。
4th of Julyは海の目の前で打ち上げ花火を見てきました。
レストランにいた人が一斉に外に出て、20分間、美しい夜空を見上げました。
花火が始まる前の数時間は道が閉鎖されて、車が通れないので、私達はレストランまで自転車で往復しました。私は高校生になるまで自転車に乗れなかったので(冗談じゃない)、運転が本当に下手なのです。夜の自転車は余計に怖かったです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...