April 23, 2018

Baking Competition

今年も学校でBaking Competitionがありました。
地味なイベントで、参加者はあまりいないけど、うちの娘は毎年張り切って参加しています。今年で最後。5年生は親の手助けなしで全部自分で作るのが決まりです。
6インチの小さめの丸型で青いグラデーションのケーキを焼く。
娘は有名なYouTuberが作るような可愛いケーキが作ってみたかったようなのです。
どんなの作りたい?って聞いたら、色々なチュートリアルビデオを見せてくれましたが、8段重ねのネイキッドケーキやら、チェッカーボードケーキやら・・・どれも初心者には難し過ぎる。作ってみたい気持ちはわかるけど・・・。
うっかり紙を敷くのを忘れてしまい、型から外れなくて困っています。
その中でも比較的簡単そうなユニコーンケーキに決め、レシピではFunfetti Cake(レインボースプリンクルを入れた生地のケーキ)だったのを、青いOmbre Cake(カラーグラデーションのケーキ)に変更しました。
結局、ケーキはぼろぼろ。残念です。
でも私は、娘が一度作ったくらいで、彼女が想像するようなケーキが出来るとは思えませんでした。それで、「本番でちゃんとしたものを作りたいなら、練習したら?」とアドバイスしました。練習したケーキは味見も出来るし(本番では審査員が食べるので味見出来ない)。
思ったより時間もかかったようで、夜になってしまいました。
疲れて、デコレーションも集中出来ていなかったみたい。
ケーキはそれなりにうまくいったんです。
ただ、ひとつの型の底に紙を敷くのを忘れて型から抜けず、三段重ねにならず・・・。
そして、バタークリームもよく出来ましたが、白いままのを残さず、うっかり全部に色をつけてしまって、ケーキに青いバタークリームを塗らなければなりませんでした。これじゃあユニコーンに見えない。

出来た練習ケーキが下の写真です。うーん・・・これじゃあ、ダメ!と本人がっかり。
なんとか形になったけど、ユニコーンって感じがしないですね。
仕上がりを見て、娘本人はがっかり・・・。
小さな失敗を重ねるうちに、本人の気力もぐんぐん落ちて、半ば自棄っぱち。
困っている娘を見れば、手を貸して助けたくなるけど、そこはぐっと我慢しました。
自分でやりたいと言ったんだから、ありったけの知識と手を使って、自分で作り上げなくっちゃ!
ケーキの味は美味しかったです。
しっとりするようにシロップを塗ってから重ねました。
フォンダンを製菓材料店からわざわざ買ってきました。
ユニコーンの角と耳を作るためです。
割り箸の周りに巻き付けて形作りましたが、耳が薄過ぎて、翌日にはふにゃっと溶けてしまいました。
予め作っておいたフォンダンに、金色のダストにウオッカを
加えたものを刷毛で塗る。
・・・ということで、娘も「思ったより難しいんだ」ということを実感したようです。
改善点がはっきりわかったのですから、練習して本当に良かった!
本番のケーキですから、落ち着いて挑んでいます。
心なしか、表情にも自信がみなぎっているような気がします。
ちゃんと三段重ねが出来ました!
丁寧にシロップを塗っています。
数日後、仕切り直しで新たにケーキを焼きました。
しっかり型から離れ、バタークリームの色分けもきっちりし、クリームが溶けかかったら冷蔵庫で冷やしながら作業することも学んだようで、見違えるほどの進歩です。
仕上げはユニコーンの目の絞り出し。
絞り出し袋の持ち方が板に着いてきました。
竹串で最終の調節。
私は、ひとつの作業も手伝いませんでした。洗い物まで本人にやってもらいました。
だって、5年生ですから!
とても娘らしいケーキになったと思います。
まだ耳をつけていませんが、ひとまず完成です。
学校に持って行って、その場で角と耳をつけ、審査テーブルに置きました。
お菓子の説明をする紙も作って行きました。
レシピや、なぜこのケーキを作ろうと思ったか、という説明。
耳をつけたらこんな感じです。
こんなふうに、参加者が自分のお菓子を持って学年ごとに
テーブルに置きます。
低学年の生徒は、親に手伝ってもらっても良いことになっています。
学校のニュースレターで、審査の結果が発表されました。
娘のケーキが5年生のWinnerに選ばれました!やったー!!
ユニコーンケーキの写真がニュースレターに載った!




April 20, 2018

Bali旅行・その4 - Ubud後半

バリ旅行の話の最終回です。
ランブータンを試食してから買う。
ヴィラの冷蔵庫でよく冷やして食べたらおいしかった。
私の記憶の中にあったUbudより、実際はすごく大きな街でした。
可愛い雑貨、スパ、レストランなど無数の店がぎっしり並んでいて、歩いているだけで楽しいです。
パレス近くのお土産屋さん通り。
ごちゃごちゃしたお土産屋さんの集まる市場で自分用のお土産をいくつか買いました。
丸いショルダーバッグと、軽いバスケットのバッグ、四角いコースター。
このお姉さんの店で自分用のお土産を買いました。
カゴバックは、見るとつい欲しくなってしまう・・・。
インドネシアのお金はゼロが多過ぎて、計算に弱い私には高いんだか安いんだかよくわからなくなってしまいました。
小さい店内に世界各国からの客がいっぱい。
みんな出身国を紹介し合って、オーナーが会話のきっかけを
作ってくれるフレンドリーな雰囲気の店。
バリで食べた料理で一番洗練された味でした。
赤米って噛みごたえがあって美味しいですね。
伝統的なインドネシア料理にちょっと飽きたので、モダンフュージョンレストランに行ってみました。若くて明るいカナダ人の男性がオーナーシェフのBonitoという店で、私はここでマヒマヒをバナナの葉に包んで蒸したものにバリの赤米を添えたものを食べました。

インドネシア料理って、どんな風に作るんだろう?と思って、料理を習ってみたくなりました。探したら幾つか教室を見つけたので、その中から一番良さそうなところに申し込みました。
教室に着いたら、まずはウエルカムドリンク。
甘いハーブティーです。
普通のコップだけど、バナナの葉を巻いて、
プルメリアを挿しただけで、一気に南国風。
Payuk Bali Balinese Cooking Classという料理教室です。
街中から15分くらい離れた山の中にある家で、外からは普通の家みたいですが、中に入ると中庭のまわりにオープンキッチンがあります。
材料が予め小分けされてあります。
丸くてずっしり重いまな板、すごく使いやすかった。
私達は10人のグループでしたが、ひとりの先生が私達につきっきりで教えてくれたので、まるでプライベートレッスンのようでした。
石臼にスパイスを入れて棒で突っついています。
メニューはピーナッツソース、バリ風ホットソース、チキンスープ、ミーゴレン、チキンサテ、ツナのバナナリーフ蒸し、チキンのココナッツミルクソース、バナナのパームシュガーソース、です。
夫はマリネした鶏肉を串に刺して、サテの下準備。
私が一番感心したのは、下準備の周到さです。小皿にスパイスや野菜を一人分に分け、ラップしてあります。それを次々と配って、刻む方法や材料の特徴を教え、終わったらすぐに下げて洗って、いつもきれいな調理台を保ってくれるのです。本当に要領が良く、無駄のない動き。
鶏肉のココナッツソース煮。レモングラスの香りがぷーん。
3種類ものショウガを使い分けたり、石の鉢ですりつぶしたり、ハーブの束を作ったり、良い香りに包まれながら料理してたのが新鮮な感じでした。

全部、小ぶりのノンスティックのフライパンで作るのも、ハードルが低くて、親しみが湧きました。
スパイスで和えたまぐろとトマトをバナナの葉っぱで包みます。
このお兄さんがグリル係。サテを焼くいい香りが教室に広がります。
全部の料理をいちから作るのではなく、基本のスパイスペーストを使い回して、いろんな料理の味付けをします。それなのに、それぞれが全然違う味と見た目になるのも驚きでした。
インドネシア料理に欠かせないピーナッツソース作り。
まずは石臼でしっかりつぶします。
私が参加したくて家族も誘ったけど、夫や娘は退屈するかも?と心配でしたが、ふたりとも楽しんでくれたようでよかったです。
見るだけじゃなくて、実際に体験することは、旅行の日々に厚みを加えてくれます。
完成した料理を試食。
デザートはバナナのパームシュガーソース、バニラアイス添え。
先生と一緒に。すごく楽しい時間を過ごすことが出来ました。
街を歩いていたら、Fish Spaの看板を見ました。
面白そうなので、娘と行ってみました(夫は気持ち悪いと言って拒否)。
これが、くすぐったくて面白いの!

タンクに足を入れた途端、魚が群れてくる!
15分間、魚が足のあちこちをはいずり回るのですが、一体何をしているのかはわかりません。古い角質とか食べてるのかな?
くすぐったーい!
終わった後、別に肌がツルツルになったという気もしなかったけど、娘とふたりでキャーキャー言って楽しかったー!
Laka Lekeレストランの前で。庭が素敵な店です。
最後の夜はダンスを見に行きました。
Kecak and Fire Danceという伝統的なパフォーマンスで、ちょっと日本の能っぽいなと思いました。

屋根付きの個室を予約しました。
話はよく分からなかったけど、ダンスを見るのは
どこの国でも面白い。
最後に出演者と一緒に記念撮影。
翌日の飛行機の出発は夕方だったので、朝一番にまたJelatikへ戻りました。
最後にフェイシャルマッサージと髪の毛のクリームトリートメントをしてもらいました。
もう夢心地で、これだけのためにまたバリに来たい!とさえ思いました。
娘の絡まった髪の毛も、トリートメントでサラサラ。
ホテルの前の小径。何度も歩きました。
あちこちに置いてあるお供え物。
ヒンズー教と共に生きるバリの人達、厳かな感じがします。
帰りもまた香港で乗り換えて、21時間の長距離フライト。
でも飛行機大好きな私は、さほど苦になりません。
どうせ眠れないとわかっているので、ずーっと映画みていました。
新旧、初めて見たのも何度も見たのも混じっていますが、数えてみたら、行き帰りで14作品も!

1. The Disaster Artist
2. Battle of the Sexes
3. Begin Again
4. The Greatest Showman
5. Brad's Status
6. Everest
7. My Week with Marilyn
8. Suburbicon
9. Wonder
10. The Last Recipe
11.The Wolf of Wall Street
12. I, Tonya
13. Roman J. Israel, Esq.
14. The Best Exotic Marigold Hotel

フィギュアスケートのTonya Hardingのライフストーリー、「I, Tonya」がとても面白かったです。もうすぐ始まるDancing with the StarsにTonya Hardingが出演するそうなので、それも楽しみです。

ひょんな展開でのバリ旅行、のどかで素朴でとてものんびり出来ました。
きっとインドにも行くチャンスがあると思います。
終わりよければ、すべて良し!

次回からはいつものブログに戻りますね。
長い旅行記読んで下さってありがとうございました。

April 18, 2018

鮮やかなピンク色の料理・今年の庭

バリ旅行の話、たくさんの人に読んで頂いているようで、とても嬉しいです。

今日は旅行の話を休みにして、今月のLighthouseコラムはビーツを使った食べ物の話です。
上の写真をクリックすると拡大して読みやすくなります。
ビーツとリコッタチーズのパスタ、本で見た時に、すごく鮮やかで斬新な感じがして、しかも味が想像出来ませんでした。早速作ってみたら、思ったよりおとなしい味。クリーミーで、ホッとする味で、いっぺんに気に入りました。

レシピはこちら
生のビーツを粗くおろします。
軽く炒めます。

パスタをゆでる。
リコッタチーズと炒めたビーツ、オリーブオイルを撹拌する。
鮮やかなピンク色のペーストの出来上がり。
ソースと合わせるとあっという間にピンクに染まる。

レモンゼストが爽やかさを引き立てます。
ビーツの赤みを活かしたチョコレートケーキも作ってみました。
私自身はフードカラーを使うことに抵抗はないですが、実際のレッドベルベッドケーキのレシピは、えっ?こんなに?と思うくらいフードカラーを使うものです。これはビーツで自然な赤みを加えるので、真っ赤ではありませんが、シックなピンク色のケーキになります。

レシピはこちら
レシピではビーツをゆでていましたが、私はアルミホイルに包んでオーブンでローストして使いました。
ビーツをペースト状にする。
卵白に少しずつ砂糖を入れながら泡立てる。

溶かしたチョコレートにビーツペーストを混ぜる。
メレンゲとビーツチョコレートミックスを混ぜる。
粉類を混ぜる。

いい感じの濃いピンク色の生地です。

ホイップクリームをたっぷり添えると美味しいです。
キャロットケーキは何の抵抗もなく受け入れられているのだから、ビーツケーキが定番の野菜ケーキの仲間入りするのももうすぐかも?
黄色とオレンジ色のマリーゴールドをたくさん買ってきました。
今年はトマトの苗を4つしか植えませんでした。
連作しすぎなのか、土が悪いのか、世話の仕方が間違っているのか、ここ数年、トマトがうまく育ってくれません。最初の数年は、もう食べきれないくらい豊作だったのに・・・。
去年はぶかぶかだった娘のカバーオール
(私の母からの贈り物)がもうピッタリ。
ハート形に植えたのは娘のアイデアです。
トマトの周りにマリーゴルドをハート形に植えてみました。
この前のバリ旅行で、たくさんのマリーゴールド畑を見ました。バリの人達はお供え物に毎日マリーゴールドを使うので、そこらへんにいっぱい植えてあるのです。

隙間が多いので、来週もうちょっと苗を買い足して、パッと見てハートだと分かるくらいにする予定。
毎朝ベッドルームから花が見えると春だなあーと感じます。
次回、金曜日の更新はバリ旅行の話の最終回です。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...