January 18, 2018

靴下編みに使う道具

今月のLighthouseコラムは手編みの靴下の話です。
上の写真をクリックすると拡大して読みやすくなります。
手編みの靴下なんて、分厚そうだし、スキーに行く時くらいしか履かないようなイメージがありましたが、穏やかな冬のロサンジェルスでも活躍しています。
靴下の形のテンプレートはインターネットで探しました。
ズレないようにしっかり押さえてなぞります。
ジグソーで切り抜きます。
昔に比べて、糸が格段に進化しているせいもあると思うのです。
ほとんどのSock Yarn(靴下編みのための糸)は洗濯機でも洗えるようになっていますし、編みながら模様が出てくる面白い糸がたくさんあります。
セーターでは選ばないような派手な色や柄でも、靴下なら気軽に挑戦できます。
切った断面をヤスリで削って滑らかにします。
吊るせるように穴を開けます。
表面もツルツルに。
何枚か編むうちに、編む途中、編んでから洗って干す時のためのSock Blockerが欲しくなりました。木製、プラスチック、ワイヤー製のものなど、素材もいろいろですが、自分で作るなら木のがいいと思いました。
透明のニスで仕上げます。
シンプルで、私の足のサイズにピッタリのSock Blocker。
Home Depotでレッドオークの薄い板を買い、足の形に2枚切りました。糸が引っかからないようによくヤスリをかけ、水分を染み込まないように、ニスで仕上げました。
編むうちに自然にストライプになる糸です。
両足のストライプを合わせるために色合わせ中。
出来たSock Blockerを使いながら、ストライプの靴下を編みました。
色の出方を調べ中。
両足を平行して編みました。
私は足のサイズが25センチと大きいので、自分サイズに作れるのは嬉しい。
この前、GAPでこんなニットレギンスを買いました。家で履いていますが、この靴下とそっくり!私はこういうカラフルなストライプが相当好きみたいです。
カラフルで暖かいレギンス。

January 16, 2018

娘とふたりの週末

週末は夫が不在だったので、娘といろいろ面白いことをしました。
りんごの皮を長くむく練習。
まず、アップルパイを焼きました。
と言っても、一緒に作ったのでなく、全部娘がひとりで作業したのです。
パイ生地が破れてイライラしています。
パイ生地をフードプロセッサーで作り、りんごを刻んでフィリングを作り・・・私なら15分で出来ることを娘は1時間かけてゆっくりやります。
そんなにのんびり伸ばしているとパイ生地が柔らかくなっちゃうよー・・・と内心思いながら、時々キッチンを覗きに行きました。
いちばん難しかったのは、私が余計な口出ししないようにすることでした(笑)。
娘は無類のシナモン好き。上にこれでもかっていうほど
振りかけたので、色がまだらです。
上の空気穴はシナモンのかけすぎでよく見えませんが、π(Pi)の模様にカットしたのが娘らしい。午前中いっぱいかかって何とかおいしいパイが完成しました。
ひとりで作業することで、いろんなことを学んだんじゃないかな。
人の作ってくれたものは特に美味しく感じます。
私は今年からキューバ発祥の輪になって踊るサルサ、Rueda de Casinoのグループに入れてもらいました。去年のキューバ旅行でRuedaというスタイルを知り、「一体どうやってパートナーをぐるぐる替えながらみんなで揃ったダンスが出来るんだろう?」と不思議でした。
このイラストのように、輪になってパートナーを頻繁に交替しながら
かけ声に合わせて踊るキューバンサルサです。
そうやって、Ruedaのことが頭の片隅にあったせいか、自然とチャンスに引き寄せられました。いつものサルサの仲間が「Ruedaのグループがあるんだけど、Sunnyもやってみない?」と誘ってくれたのです。
月に二回、公園で集まって踊ります。リーダーがスペイン語でかけ声をかけ、それに合わせて動きを決める即興のダンス、最初から楽しくて夢中になってしまいました。
娘とネイルサロンに行ける日が来るなんて、子供の成長は早いなあ。
彼女は濃い青色を選びました。私はミントグリーン。
ダンスの間、娘に座って待ってもらっていたので、お詫びに初めてネイルサロンに連れて行きました。
並んで座って、一緒にネイルしてもらうの、楽しかったです。
久しぶりに娘をTrapeze(空中ブランコ)の学校にも連れて行きました。
Gazelleという技を習っているのですが、今回はGazelleの後にブランコに乗っている人の手までつなぐことが出来ましたよ。

娘がGoogle Arts & Cultureという、自分の顔に似ている美術館のポートレートを見つけてくれるというAppを使って遊ぶのに凝っています。私と娘の顔がちっとも似ていないというのは彼女が赤ちゃんの頃から言われ続けてきたことですが、この結果を見るとますますそう思います(笑)。

面白いAppなので、みなさんもやってみてはいかがでしょう?
似てるのは顔の形くらいだと思うんですけど・・・。

こちらはなかなか近いような気もします。


January 14, 2018

Costa Rica旅行・その3

娘の食あたりも回復しないまま、今度はカリブ海側の小さな街、Cahuitaへ向かいました。
これがカウイータのメイン通り。
Sloth(ナマケモノ)が電線にぶら下がっているのを見ています。
最初のPlaya Manuel Antonioは太平洋側で、観光客には太平洋側にぽつぽつと点在するビーチタウンが人気のようです。でも私達はどちらも見てみたかったので、島を横切ってカリブ海側にも行ってみました。
途中で休憩したLimonという港町で、またセビーチェ。
Cahuitaはちょっとインドのゴアのようなリラックスした雰囲気の街です。どこから集まってくるのか、バックパッカー、ヒッピーっぽい人が多かったです。隣町のPuerto Viejoにも行ってみましたが、この街はもっと年齢層が低い感じのパーティタウンのようでした。Cahuitaの方が中年向けです。
私達の泊まった宿のサイン。
可愛いレセプション。
ハンモックがあって大喜びの娘。
中はシンプルなキッチン付き。
私達が泊まったCaribe Lunaというバンガローも「Cabinas and Healing Space」なんて書いてありました。滞在中、ずいぶんと蚊に刺されましたが、それほど蒸し暑くなかったです。
暇な時間は雑誌を読んだり、刺繍したり。


街のスーパーでこんなに花火を買いました。
9連発の打ち上げ花火。素晴らしくきれいでした。
ここのマネージャーがイタリア人夫婦だったのですが、この街にはイタリア人が経営するレストランやデリがいくつもあります。ちょっとしたイタリア人コミュニティがあるようです。
スターフルーツのなる木を初めて見ました。
乗馬を申し込んだ店。
夫も娘も本当に乗馬が好きみたいです。
私は乗馬よりケーキの方が好き(笑)。
イタリアンデリでカスタードクリームを挟んだアーモンドケーキを食べました。
そのおかげで、毎日おいしい窯焼きピッツアやフレッシュパスタを堪能出来ました。
食事がおいしいと、その街の印象も良くなりますよね。私はコスタリカではこの街が一番気に入りました。
目の前が海。マルガリータで乾杯。
イカのトマトソース煮。どの料理にも生花が添えてあります。
コスタリカで食べて一番美味しかったのがこれ。
海老のガーリックソース。
私が一番気に入ったレストランはSobre las Olasという海の目の前の店です。娘と夫が乗馬をしている間、私がひとりで散歩している時に偶然見つけたのですが、雰囲気も味も最高でした。
ダウンタウンから離れていて静かなところもポイント高し。
ある日はパナマの国境まで走ってみました。Cahuitaからは小一時間ほどで隣の国へ行けるのです。一応パスポートを持参して、もしかして簡単に入れるなら行ってみようと思ったのですが、国境では税金を払うなど面倒な手続きがあって、しかもスムーズに戻れるかもわからないので、今回はやめておきました。
この黄色いのれんみたいのがパナマ国境。
途中の道はバナナプランテーションばかり。大きなアメリカ資本の工場が点在し、まわりにボロボロの従業員住宅が集まっています。
チキータバナナの工場。コンテナがずらりと並んでいます。
もう見渡す限り、ずっとバナナの木しかありません。
これがバナナを吊るすベルトコンベア。

バナナ以外に何もない熱帯気候の村々。まさにBanana Republicな地域なのでした。
バナナがベルトコンベアで吊るされて、箱詰めされる様子を遠くから眺めました。
小雨が降る、遊園地の入り口にて。
娘の食あたりもようやく収まり、最後はまた首都のSan Joseへ。
ここでは娘が行きたかったParque Diversionesという遊園地へ行きました。なぜコスタリカまで来て遊園地?と思いましたが、これは娘の選んだ旅行ですから、付き合いました。
休日なので、コスタリカ人の家族連れで賑わっていました。
コスタリカの伝統的なダンス。
コスタリカの歴史的な建物のレプリカや、ミニ動物園があったり、ファミリーフレンドリーな場所です。乗り物もけっこうあって、私も思ったより楽しめました。
San Joseのダウンタウンで見かけたトンネルの中のモザイク。
よく見ると、「見ざる言わざる聞かざる」!
あちこちにお皿が埋め込まれているのも可愛い。
ダウンタウンにはしょぼいけど中華街もあります。
コスタリカ、正直なところ私にはちょっとパンチが足りなかったです。
写真を撮る時もTシャツのロゴも何でも、Pura Vida (Pure Life)がキーワード。中米のハワイっていう印象です。私はどちらかというと、強烈なラテンカルチャーが好きなので、穏やかなコスタリカは、少しもの足りなく思えました。

でも人も親切で、景色も素晴らしく、とても旅行しやすい国です。
のんびりした休日になりました。

これで旅行の話は終わりです。
次回から普通のブログに戻りますね。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...