February 20, 2017

L.A. Cookie Con

今日はアメリカではPresident's Dayという祝日で、三連休の最終日です。
夫は男友達3人で恒例のラスベガス旅行に出かけているので、娘とふたりきり。嵐のような強風と雨だったり、曇り空に小雨だったりと、天気には恵まれませんが、私は娘と毎日遊びに出かけまくっています。
アメリカの大統領はこの映画を観たほうがいいんじゃないでしょうか?
遅ればせながら「Hidden Figures」を観てきました。女性たちの情熱、根気強さに惚れ惚れしました。私は60年代のレトロな洋服にも心を奪われました!今年は何だかんだでオスカー候補映画をけっこう観たので、来週の結果が楽しみです。
娘とふたりなので、贅沢してリクライニングシートになるふかふかの席のチケットを買ってみました。たまにはいいですね。
目の前で作り立て!けっこう行列しないと買えません。
前から行きたかったSanta MonicaにあるSidecar Doughnutsというドーナッツ屋さんにも行ってみました。作り立てのおしゃれドーナッツ、私はすごく感激したけど、娘はダンキンとかの普通のほうが好きだそうです(笑)。
私はPassion Fruit Pavlovaと Butter&Salt のふたつ。娘はTriple Chocolate Cake。
昨日はダウンタウンのコンベンションセンターで開かれていたL.A. Cookie Conへ行ってきました。コミックじゃなくて、クッキー好きが集まる、コンベンションです。
今年で三回目のクッキーコンだそうです。
人気のYoutuberが質疑応答しています。
こんなピンクのブレスレットが入場券代わりです。
沢山の業者がサンプルを配っていたり、クッキーの道具からデモンストレーション、コンテストにキッズコーナーと、クッキーに関することなら何でもありました。
カップケーキのコスチュームを着た人が歩いています。
食べ物モチーフのアクセサリーを買ったり、フェイスペインティングをしてもらったり、クッキーのビデオを作ってもらったり、ユニークなクッキーをたくさん試食したり、たっぷり半日楽しんできました。
ミニチュアフードのアクセサリー屋さん。
ピンクの髪の女性が全部手作りしているそうです。
クッキーの中にさらにチョコやピーナッツバターが挟んであるStuffed。
久しぶりのフェイスペインティング。
青いカップケーキ。ちなみに服はキラキラ光るタコスセーターです。
下のビデオは「Cookie Jam」というゲームのブースで写真を撮って作ってくれたのです。いくら私のダンスがサマになっていないからといって、どうか画面に石投げないでくださーい(笑)。

video
遊んで帰って来たら、夜はまた最初のシーズンからの「The Mindy Project」を一緒に見ています。9歳の娘とこのドラマを見る親はあまりいないかもしれませんが、私も娘もMindy Kalingが大好きなんです。

今日はこれから娘とふたりで初めてスパへ行ってきます。楽しみー。

February 17, 2017

Rose Bath Fizz・Lion

庭のピンクのバラの花びらを乾かしてみました。ほんのり香りも残っているし、色も鮮やかなままなので、何かに利用したいと思いました。
花びらを天板に広げて自然乾燥。
ピンクと水色の二色を作りました。
それでBath Fizzに入れてみました。
いろんな配合がありますが、今回はCitric Acid、Epsom Salt、コーンスターチ、重曹を混ぜました。香り付けにはラベンダーのエッセンスオイルを加えました。
水をスプレーしながら、サラサラになるまで混ぜます。
ぎゅっと握って、形が崩れなければ、ちょうどよい湿り気。
私はActiviaのヨーグルトが好きで、ちょっちゅう食べるので、その空き容器を型として使ってみました。ふにゃっと柔らかいので、型から外しやすいのが良いです。
花びらを型の底に入れます。
ぎゅっと詰めてから乾かします。
バラの花びらを型の底にいれてからFizzミックスを詰めました。お風呂に入れると花びらが茶色くなってふにゃっとしてしまうのだけど、見た目は可愛く出来たと思います。
週末に「Lion」を観てきました。オスカーのBest Picture候補だし、インドとオーストラリアの話なので、是非観たかったのです。
11月から上映されているロングランなのに、まだ映画館はほぼ満員でしたよ。
Dev Patelは「Slumdog Millionaire」や「The Best Exotic Marigold Hotel」でもいい味出していましたが、髭を伸ばしたワイルドで静かな感じもいいなと思いました。
もう涙が止まらない話なので、映画館に行く時はティッシュを忘れないようにしましょう!


February 15, 2017

Coffee Liqueur

インスタントコーヒーを使って、コーヒーリキュールを作りました。
まあ、自家製カルーアのようなものです。
シンプルシロップにコーヒーを溶かす。
1カップの水に1.5カップの砂糖を加えて火にかけ、1/2カップのインスタントコーヒー粉を溶かします。
濃厚なコーヒー液を冷ます。
冷ましてから、バニラ少々と1カップのウオッカを混ぜて寝かすだけ。
ビンに入れてウオッカを注ぐ。
氷を入れたグラスに注ぎ、牛乳を少し加えて飲むとおいしいです。
クラスが終わると汗びっしょりになるくらいハードな運動らしいです。
話は飛びますが、娘は去年の秋からフェンシングを習っています。
彼女は007 Die Another Dayを観て、フェンシングに憧れていたのです。
Die Another Dayより。Pierce Brosnanのフェンシング姿が素敵。
道具は高価なものなので、自分に合うスポーツかどうかわかるまで、道具は借りていたのですが、どうやら本当に好きになったようなので、クリスマスプレゼントにフェンシングの道具一式を揃えてあげました。
道具を揃えたりするのは私のほうがワクワクするんですけどね。
バッグはL.L.Beanのトートを名前入りで注文し、そこにマスク、ジャケット、ニッカーズ、フェンシンググローブ、セイバーを入れました。セイバーというのは、刀みたいな棒なので、先端が尖っています。車でフェンシングクラブへ行くまでに、先端が私の車を引っかくと嫌なので、カバーする方法を考えました。
ボール部分を丸めてから、かぎ針でチェーンを編む。
このように、セイバーの先っちょに差し込みます。
以前にドライヤーボールを作りましたが、同じ要領で毛糸を丸めてフエルト化させました。
これで、車の中でも安心。
なくさないように、ひもをつけて、バッグに結びつけました。ボールの一部に小さな切れ込みを入れて、そこにセイバーの先端を差し込みます。
Heirloom tomatoは形も色もまちまちで可愛い。
昨日のバレンタインデー、ファーマーズマーケットに行ったら、こんなハート形のトマトが売っていたので買ってみました。
オーストラリアにあるハート型の島・Makepeace Island。
もうひとつ、天気予報を見ていたら、こんな素敵な島を見つけました。Richard Bransonが所有するオーストラリアのBrisbaneの近くにある島で、20人までしか泊まれない豪華なリゾートホテルがあるそうです。行ってみたいなー。


February 13, 2017

安部譲二さんのディップ

一冊の本を読むと、そこから興味が広がって次に読みたい本が決まることがよくあります。妹が送ってくれた都築響一さん「圏外編集者」がとても面白かったので、そこから「刑務所良品」に飛んで、刑務所つながりで安部譲二さんの「塀の内外喰いしんぼ右往左往」を読みました。
安部譲二さんがこれを習ったのは1953年だそう。粋な方だと思いませんか?
安部譲二さんは、粋で正直で自由な思考の持ち主で、食べ物のことを美味しそうに書ける人だと思います。文句を書いてもちっとも嫌みに感じない不思議な魅力があります。元やくざの作家、というくらいしか知らなかったのですが、本当に波瀾万丈の経歴で、直接お話したらきっとチャーミングで面白い方に違いないと思いました。
マヨネーズとかレモン汁じゃなくて、コニャックで溶く、のがいいのです。
本の中に「ブルーチーズディップ」という話があります。パリに住んでいた16歳の頃、ヴィヴィアンヌ婆さんに教えてもらったというディップ、読み終わってすぐに試してみました。
本ではディップをシャンペングラスに盛ると書いてありました。
ゴルゴンゾーラチーズをコニャックで溶いて、ぽたっと垂れるくらいにします。薄くスライスしたりんごを周りに並べて出来上がり。

その後、日本航空のパーサーとして、ファーストクラスの機内サービスをしていた時に、財界の偉い人にこのディップを即興で作って持っていったんだそうです。それをとても気に入ってくれたことが嬉しくて涙ぐんでしまった、というエピソードも微笑ましく、こういう想い出のある一品って素敵だなと思いました。

りんごでディップをすくってつまむと、ほのかにコニャックの香りがたって、りんごのしゃりっとした歯ごたえとよく合います。安部さんが習ってから64年も経っても、色褪せない魅力のある一品です。
作るのは簡単だけど、後の掃除が大変でした・・・。
持っている中で一番大きな鍋で、大量のPulled Porkを作りました。
少し作るのも、たくさん作るのも、手間は同じですから、レシピの2倍量を鍋に入れて、オーブンで4時間じっくり火を通しました。
柔らかくなったら、フォークでほぐしてソースに絡めます。
が、3時間を過ぎたころからキッチンが煙でもくもく・・・。
吹きこぼれた油がオーブンの底にくっついて、それが煙になってしまったのです。オーブンの中はひどく汚れてしまい、翌日はオーブンの大掃除をしなければなりませんでした。
毎日酷使しているオーブンですから、たまにはきれいにしてあげないとね。
でも、久しぶりに全部のパーツを取り外して、さっぱり洗ってすっきりしたから、よかったとしましょう。
油汚れがなくなると、新品みたいにすっきりします。
娘が学校で友達からガールスカウトクッキーを買ってきました。
買ってくるけど、誰も食べないので、デザートに仕立てました。
去年も同じようなのを作った気がしますが、ショートブレッドを牛乳に浸して柔らかくし、グラスの中にホイップクリームと苺と交互に入れてトライフルのようなデザートに変身させて食べました。

February 10, 2017

今年のバレンタインカード・Brown Sugar Pound Cake

毎年、娘は学校へクラスメイト全員と先生にバレンタインカードを持って行きます。
このパンチ、アタッチメントを交換するといろんな模様になります。
ずっと昔に買ったMartha StewartのCircle Punchを使って、普通のコピーペーパーをくり抜き、いろんな色の厚紙を正方形に切りました。白い紙は色紙の上にのせたほうがくっきりと映えると思ったのです。
スプレー糊で色紙に貼り付けます。
どんなメッセージをするか、娘と考えて、「You are a GRAPE friend!」に決めました。GREATとGRAPEを掛け合わせたかわいい駄洒落です。最初は娘が全部のカードに絵を描くと言っていましたが、たくさんあるのでスタンプにしたら?と私が提案しました。
野菜の切れ端はスタンプに最適。
冷蔵庫からにんじんを取り出し、先を切り落として、即席スタンプの完成。
アクリル絵の具で私がぶどうに見えるようにスタンプを押し、娘がメッセージを書く、という流れ作業にしました。
冬の夜長、娘とふたりでカード作り。
残った色紙をハートのパンチでくり抜き、カードに貼りました。このハートの中にそれぞれの子の名前を書き入れて渡す予定です。
パンチはちょっとしたクラフトにとても便利です。
カラフルで可愛く出来たと思います。
私は他の子のカードを見せてもらうのも毎年の楽しみです。
Brown Sugar Pound Cakeを焼きました。
説明にも書いてあったけど、ちょっと硬めのケーキでした。私はもう少ししっとりしたほうが好みです。ホイップクリームを添えて食べてちょうどいいくらいでした。
真ん中がきれいにぷっくり割れました。 


February 8, 2017

ハートの3Dクッキー

4年生担当の3度目のカフェがあったので、またクッキーを焼いて売ってきました。
今回はバレンタインが近いので、ハートのクッキーにしました。
小さなクッキーはアイシングを絞るのも簡単。
全部水玉模様にしました。
いくつも種類を作る気がせず、全部同じのにしました。だんだん手抜きになっていきます(笑)。
そのかわり、簡単だけど凝ったふうに見える二段重ねのクッキーにしました。
学校が終わって、お金を握りしめてカフェに走ってくる子供たちが、私のクッキーを買ってくれると、何とも言えないほのぼのとした気持ちになります。
両方乾いたら、裏にアイシングをつけて二段重ねにします。
我が娘は毎回ピッツアを楽しみにしているようです。
この前、Antonia Lafasoシェフのレストラン・Scopa Italian Rootsにブランチに行ったのですが、その時に食べた白いんげん豆とシーフードのサラダがすごく美味しかったんです。
魚介と豆のサラダにスパークリングワイン、至福の時。
帆立もライスコロッケもおいしかったです。
豆に味が染みているのが美味しさの秘密のような気がしたので、さっそく家でも真似してみました。にんにく、セロリ、にんじんなどを入れてチキンブロスで煮て、いろんな料理に使っています。
乾燥豆を買って来て、家でも煮てみました。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...