January 27, 2017

Breathing Space

Breathing Spaceというストライプのセーターを編み終わりました。
人気のVeera Valimakiさんのデザインで、彼女のパターンはWrap & turnという手法が多用されているのですが、これもたくさんのWrap & turnで編み地を斜めにしていきます。
トップダウンで編むので、裾に編み針をつけたままでも途中で試着できます。
この前の旅行記にも書きましたが、このセーターはほぼ旅行中に編みました。待ち時間がとにかく長かったので・・・。
糸はMadelinetoshのTosh Merino Light、色は Holi FestivalとLog Cabin Brownです。
袖も輪に編んで行きます。
これはトップダウンと言って、首回りから編む手法のセーターです。この手法の利点は、試着しながら編めること。丈とか着てから調節できるのは便利です。
ゲージは大切。
以前はゲージの重要さを無視して、さっさと編み始めていましたが、今更ながらゲージ通りに編むとサイズも合うということに気づき、ちゃんとゲージを取るようになりました。
私にとって、これはドミニカ・プエルトリコセーターです。
おかげでサイズはぴったり。でも、最初のストライプの部分、目数を数え間違えたみたいで、6本のストライプになるはずが、たった2本しかなく、後で気づいたものの、直す気になれず、そのまま編み続けました。
斜めのストライプと裾。

インコのモニカが我が家にやってきてから、2年が経ちました。拾った鳥なので、本当の誕生日はわかりませんが、我が家にやって来た日がモニカの誕生日。

プレゼントにペットショップでおもちゃを3種類買って来てカゴに取り付けました。
新しいおもちゃを見て戸惑っている様子。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...