April 29, 2016

皮の話いろいろ

粒あんは大量に煮ていつも冷凍してあります。
何年かぶりに、たい焼き器を出してきてたい焼きを作ってみました。
何年か前に日系スーパーで見かけて衝動買いしたんです。
うちじゃ誰も食べないので、私ひとりのお楽しみ。
久しぶりに和菓子的なものを食べて満足しました。
皮がパリパリに焼けました。
最近凝っているのは、コーントルティーヤを細く切って油で揚げ、軽く塩を振ったものを、サラダのトッピングにすることです。
少しの油で十分カリカリに揚げられます。
メキシカンマーケットでトルティーヤを買ってくると、1パックに36枚も入っていて、とても我が家では一度に食べきれません。それで残りはこうして食べきります。ボリュームが出て、おかずサラダっぽくなります。

もうひとつの皮の話・・・。
私はチキンポットパイが大好物で、たまに夕食に作ります。
丼のような大きめのボウルに、鶏肉をたっぷり入れたシチューを入れ、あらかじめ作っておいたパイ生地を被せてオーブンで焼きます。
ふちに卵を塗ってしっかりとめて、しっかり焼き色がつくまで焼くこと。
何度作っても、焼いているうちにパイが沈没してパリッとしなかったり、沈没を恐れて生地を厚く伸ばしすぎて焼き足りなかったりで、「これだ!」という完成度に至らなかったのですが、昨日のは偶然に大成功。

いつもこのレシピで作っています。レシピ写真のように小さめのココットで作れば、パイ沈没も防げるかもしれませんが、我が家は夕食というとこれ一品がドカンと出てきておしまいなので、丼サイズでも毎回成功するように練習したいと思います。
私と夫はシャンペン飲みながら面白い寿司、娘はラムネと蕎麦(笑)。
この前、久しぶりにお寿司屋さんに行ったら、こげ茶の壁にペンキで絵が描かれていたり、天井からカラフルなプランターがぶら下げてあって、可愛かったです。
アメリカ的な派手なロールばかりの店だったのですが、私は日本っぽい握り寿司が食べたかったので、ややがっかり。
店だと小さく見えても、実際家に持ってくると大きくて戸惑うものです。
夫の部屋がほぼ出来上がり、いよいよソファを買いに行きました。
買い物が好きでない夫を連れ出すまでが大変でしたが、一日じゅうL.A.を走り回ってようやく納得いくのをH.D. Buttercupで見つけられました
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...