January 29, 2016

赤いドレス・バレンタインクッキー

いつも暖炉の上に飾っているクッキーをバレンタインデーらしいものに作り替えました。
ハートと唇の形のと、あとはピーナッツバター&ジェリーサンドイッチです。
パンの上にピーナッツバターとジェリーを塗ったように見せたい。
なぜピーナッツバターとジェリーかと言うと、「切っても切れない仲」だから。
この可愛いアイデアはこちらを参考にしました。
ハートには白いアイシングでレース模様を絞り出しました。
二つくっつけたクッキーも作ってみました。
私が作っていたら娘がキッチンにやってきて、ひとつ作らせてというので、ハートを好きなようにデコレーションしてもらいました。
自分の作ったのが暖炉に飾られたのが嬉しかったみたいです。
目があるハートが娘の作ったクッキー。
先週末は娘の演劇クラスのショーがありました。
4ヶ月、台詞や歌やダンスを覚えてきたことの集大成。
娘はLizzyという赤い服を着た女の子の役です。
おやつを持たせる袋も真っ赤にしてみました。
「なるべくお金をかけないで、ある物で衣装を用意して下さい」という先生からのいつもの案内通り、またスリフトショップで安いジャージー生地のドレスを買ってきました。
ドレスの後ろがダブつくので、どうにかして縮める方法を考えました。
大人サイズなので、背中にシャーリングを入れて縮めたり、99セントストアで見つけたスカーフを頭に巻いたり、舞台映えするように、派手なアクセサリーやラメ入りの靴にしました。
ミシンの下糸に細いゴムを入れ、ミシンをかけてシャーリング。
スチームアイロンで押さえて、縫い目を縮めます。
今回のショーは3度目なのですが、毎回、衣装を工夫するのは私の楽しみでもあります。
朝8時からスタジオ入りしてばっちりとメイクしてもらうのです。
舞台では台詞も間違えることなく、堂々と踊ったり歌ったりしてるのを見て、ホッとしました。見に来てくれた友達や先生から花束をたくさん頂き、今週の我が家のテーブルは華やかです。
冬は切り花が長持ちしていいですね。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...