November 9, 2015

Cream cheese brownies

America's Test Kitchenのテレビ番組を見て、さっそくこのブラウニーを作りました。
クリームチーズ生地をどうマーブルにするかがこのレシピの鍵。
このレシピのどこが斬新かというと、普通なら、チョコレート生地にクリームチーズをぽとんと落として、竹串などでマーブル模様を作るところですが、それだと、クリームチーズが端っこまで届きにくい。
いったん型に流したチョコレート生地の上にクリームチーズを広げる。
少し取り残しておいたチョコレート生地をぽとんと落とす。
ナイフでマーブル模様をつくります。
それで、発想の転換をして、クリームチーズ生地をチョコレート生地の上に、均等に塗り広げます。少し取っておいたチョコレート生地を今度はぽとんと落として、マーブル模様にするのです。なるほどーと感心しました。
どこを切ってもクリームチーズが味わえる!

今週からまたモザイク作業に入ります。今度は裏の小屋の小さなバーコーナーの壁とキャビネット。

日中、ずっとタイルを貼ったりしていると、夕食作りが億劫に感じる日が続きます。それで、何でも一から作らなくてもいいような、料理の元づくりを気が向いた時にしています。
毎回、一から具を作っていては、コロッケが食卓にのぼる回数が減ってしまうでしょう。
例えば、昨日はコロッケの具。ひき肉、玉ねぎ、セロリ、にんじんをよく炒め、ウスターソースとしょうゆで味付けしておきます。冷まして冷凍しておけば、あとはじゃがいもをゆでてつぶし、この具をまぜて衣をつけて揚げるだけ。

私は日本料理をあまり作らないし下手なんです。唯一、頻繁につくる日本的な料理がじゃがいものコロッケ。大好物です。

日本料理と言えば・・・
以前、サンタモニカのビーズショップで娘とアクセサリーを作った話を書きました。
出来上がりの写真を載せるのを忘れてました。
8歳児ならではの面白い組み合わせ。
これが、摩訶不思議なネックレスなんです。左から巻き寿司、唐辛子、スニーカー、イチゴ、レモン、ホットドッグ、ハンバーガー、ホットドッグ、フレンチフライ、目玉焼き、巻き寿司・・・と、すごいボリュームと組み合わせ(笑)。

こんなの、どこにも売ってないし、変は変なんだけど、作った本人がつけると妙に似合うのです。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...