February 2, 2015

Antique Bird Cage

インコのMonicaの鳥かご、ペットショップで必要に迫られて買ったものの、色も形も好きになれなかった。「もし飼い主が見つからなくて家で飼うことになった時、この鳥かごを見て暮らすのは嫌だな」と思っていました。

私のイメージの素敵な鳥かごはドーム型でクラシカルな雰囲気のもの。こういう時には、欲しいものを探す瞬発力がどっと湧いてくるので、今回も飼うことになってから毎日Craigslistをチェックして鳥かご探しをしていました。
Santa Monicaの路上で売り主と待ち合わせて、鳥かごを受け取る。
Craigslistというのはアメリカでとてもポピュラーな個人売買のサイトです。私も赤ちゃん用のクリブ(小さなベッド)、机の土台として使っているLibrary Card Catalog、娘のアンティークベッド、私たちのアイアンベッドもここを通じて買ったし、買い替えた時には車も売りました。無料で土をどうぞ、という広告を出して持って行ってもらったこともあるくらいです。掘り出し物を見つけられれば、新品を買うよりもずっと良いものに出会える、本当に便利なシステムです。
家に持ち帰ると、予想より大きかったですが、形も色合いもイメージ通り!
私は何でもさっさと決める性格だから、鳥かごもピンとくるものを見つけたらすぐ売り主に連絡しました。アンティークで良いコンディションの鳥かごなんて、そう頻繁に売りに出されていませんから、潔く決めないとすぐ売れてしまう。
私の作った器がぴったり水入れに収まりました。
売り主はとても素敵な彫刻家の女性でした。この鳥かごは70年代に映画撮影のセットで使われていたもので、実際に鳥が住んでいたものではない、というエピソードを話してくれました。そういう発見が、新品を店から買うのと違う面白さがあるし、そういう話ってなぜか忘れないものです。
娘の友達が遊びに来ていた時にMonicaがカゴから逃げてしまい、
夫が針金をつけて間隔を狭めるところを子供たちが見ています。
色が剥げていてサビも出ているのですが、それもいい味なので、今のところこのまま使い、気が変わればスプレーペイントできれいにしようと思います。
問題が、鳥かごの柵の幅がやや大きめで、壊れている部分があるので、たまに逃げてしまうこと。それで、夫が針金で応急処置をしたのですが、今日だけで4度もスルリと逃げたのだけど、案外すんなりと自分からカゴに戻ってくるのが不思議。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...