March 24, 2014

クラスコメディアン

週末は娘の友達も連れて4人で水族館と誕生日パーティに行ってきました。
久々にLorikeetにネクターをあげるのも面白かったですが、さらに面白かったのがFrozenのテーマのパフォーマンス。
Lorikeetが娘の頭に乗っかりました。
Frozenのキャラクターのアナとエルサが公園にやってきて、絵本を読んだり歌を歌ってくれたのですが、これが本物に負けず劣らず素晴らしい!聞くと、本業は舞台女優だそうで、その声量と表現力にも納得です。
マイクなしで公園内に響き渡る透明な声。
子供はもちろん、大人の私まで感激して見入ってしまいました。
太い白と黒の毛糸でバスケットを編みました。
ガーター編みでぐるぐる編んで、洗濯機と乾燥機でフエルト化させます。
太い毛糸の二本取り。
お弁当を包む時、毎日ランチノートを入れていますが、そのストックを入れて使うことにしました。
クラスで朝の当番があり、いろいろな役割を月替わりで担当します。今月の娘の仕事は「クラスコメディアン」だそうで、朝のあいさつの後に毎日ひとつ冗談とかクイズをクラス全員の前に立って発表するというもの。
いわゆる「knock knock jokes」をたくさん用意しておきます。
ジョークを言う当番なんて、何だか微笑ましい朝の習慣ですよね。
そこでこのランチノートが役に立っていて、面白いネタがあったら使っているそうです。
こうやって自分の考えたことを人前で話す機会を積極的に作るアメリカの教育方針は、私には新鮮だし、とても好きです。

今までの袋がボロボロになってきたので、春らしいランチバッグを縫いました。
マチを太めにつけて、大きめのお弁当箱も安定させられるようにしました。
パジャマを縫ったときの残り布です。春らしい柄でしょう?
マチが外側に出るように縫いました。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...