May 10, 2013

文房具の引き出し

整理整頓が好きで、しょっちゅう引き出しの中を入れ替えたり、不要なものがないか見直したりします。すぐに捨ててしまって家族に嫌がられるけど、この性分はなおらない。
改良以前の引き出しの中
文具は長方形の陶器に入れていました。後ろに支えがないため、開けるたびに黄色い器が後ろにズルッとずれてしまう。
木工用ボンドで貼りつけるだけ。
スペアキーがここにある必要もなく、切手も頻繁には使わない。ここでハンドクリームを塗る習慣もないのに、なぜか引き出しに入れていた。
実際に文具を収めながら、定位置を決めて、木を貼りつける。
・・・とひとつずつ見直してみると、他の場所にあったカメラの小物も、同じ引き出しに入ってしまいそうです。
真ん中の空きスペースにはカメラが入ります。
細い板を買ってきて、中身に合わせてチョップソーで切りました。
それを木工ボンドで引き出しの大きさに切ったベニヤ板に貼りました。
あまり変化がないようですが、私にとっては使いやすさ格段アップ!
切手は奥に、3穴パンチはがきっちり入るように、リップクリームは人差し指でスッと取れるように板を途中でカットして、など使いやすいように作れて満足です。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...