March 15, 2013

Mexican Chocolate Cake with Mascarpone Frosting

5歳児は転んで足にアザが出来ても、3日で消えてしまうけど、中年は回復力も遅い。腰の曲がり具合が90度から45度くらいまでには戻ったけど、週末には何とか元通りになりたい!
バルサミコとカイエンヌペッパー、オリーブ油の入った生地。
腰痛の気晴らしに、Mexican Chocolate Cake with Mascarpone Frostingという長い名前のピリッと辛いケーキを作りました。

名前のMexicanは、シナモンとカイエンヌペッパーが入っているココアの名前からですが、イタリアのマスカルポーネとの組み合わせが、いい感じのミスマッチで気に入りました。
型の周りにぬらした布を巻いて焼く。
面白いのが、生地にバルサミコビネガーが入ること。
ケーキの味に直接出る風味ではないけれど、牛乳とビネガーが混ざってバターミルクのような役目を果たし、重曹と反応して、しっとりしてよく膨らむケーキになるのだと思います。
シナモン風味のマスカルポーネフロスティング。
レシピに、「上が平らなケーキを作るコツは、周りにぬらしたタオルを巻くこと」とあったので、私も試してみました。ぬらしかたが足りなかったのか、残念ながら平らにはならず。
フロスティング山盛り。
興味しんしんの味はと言うと・・・
思ったより辛い!フロスティングのクリーミーさで、辛さが緩和されて、大人っぽい洒落た味でした。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...