February 19, 2013

Belfast hoodie 後編

前回の続きです。

編みあがったカーディガンに大きな木製のボタンを3つつけました。
その後はブロッキング。水に通してから、平らに乾かし、編地を落ち着かせる作業です。
Soakというニット用の洗剤を使いました。私のは、Unleashという香りの薄緑のもので、限定販売だったため、今はもう売っていないようです。とってもいい香り。
乾くのに数日かかり、ようやく試着!うん、サイズはぴったりです。
少し気になるのが、フード部分がだらりと伸びそうなこと。
そこで調べたところ、かぎ針編みで伸びを抑える方法が良さそうだったので、フードの裏側から新たに糸をつなげて、引き抜き編みをしていきました。
ふちは思ったほど目立たないし、フードが伸びすぎるよりはいいと思います。
肌触りもよく、気に入っていますが、けっこう毛玉が出来やすいかも。
Ravelryのプロジェクトノートはこちら
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...