April 25, 2012

虹色の布を買いに

昨日書いた新しい思いつきは「娘のベッド用のRainbow Quilt」。
なぜ虹のキルトかと言うと、娘はこんな絵ばかり描くから。上のは木の隣に虹が出ている絵、下のは虹色のアイスクリームとハンバーガー。

ベッドには、可愛いキルトをかけてあげたい。でも私の好みで作って気に入ってもらえないと残念なので、布選びから一緒に始めることにしました。
学校帰りに大好きな布屋さんへ連れて行き、「好きなの6種類選ぶんだよ」と言いました。時々「それは勘弁してー」というようなのを持ってきて困ったけど、最後は折衷案で決めました。無地の布は私が壁の色に合わせて淡いピンクのにしました。
思ったとおり、選んだ布の多くは好きな鳥の柄とか虹色の布。私なら決して選ばないであろう布を使ってみるのも、また面白い。合計額を見てぎょっとしてしまいましたけど。

上からLily AshburyTradewinds South Pacific Empress。鳥と花の大ぶりな模様です。
2番目はGeninne D. ZlatkisWalkabout。私が尊敬するメキシコ在住のアーティストの水彩画で、布の発売を楽しみにしていたのです。だから、これは私が娘に「いいよね?」と強力おすすめした布というわけ。

3番目はAlexander HenryPapllon polka-stripe。予想通りの虹色!
4番目はAneela HoeyLittle apples white linen。水玉のようなりんごが可愛い。
5番目はNancy MimsANM-11207-19。中では一番正統派キルト布かも。

6番目と7番目はピンクの色違いのKona cotton
8番目もNancy MimsANM-11208-19。これは裏の布なので、たくさん買いました。

早く取りかかりたくて、早朝から水通しして大量のアイロンかけをしました。
キルトづくりの話がたまに出ると思いますが、おつきあい下さいね。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...