September 19, 2011

暖かいドレスを

Halloweenは10月末ですから、夜はかなり寒いです。だから子供が実際にキャンディをもらいに行く時に、防寒着を着せずにコスチュームそのままで歩けるような暖かさ、というのは大切。
赤い生地を選ぶときに、その点を考慮してフランネルにしました。
縮みを考えて、一度洗濯して乾燥機で乾かしましたが、すごい量の毛玉みたいのが出て驚きました。かなり縮んだので、やはり下洗いして正解でした。
あと、このパターンは上半身が二枚仕立てになっています。これで暖かさプラス。裏地は買わずにまたまた古いシーツの再利用。赤いドレスの裏地が白、というのはどうかと思いますが、見えないからいいことにしましょう。
あとは厚めのタイツを履かせれば、たぶん防寒の点では合格かな?
襟と袖に白いレースのリボンをつけました。このドレス、全体的に大きめなつくりで、袖もウエストも首もリボンできゅっと絞って着るタイプなので、リボンを通す前は赤ずきんちゃんと言うよりはサンタクロースの上着という感じですね。

ここまで朝から学校へ迎えに行くまで一気に縫いました。家に戻ったらすぐに試着してもらい、丈とかゆるみ具合を調整して、翌日に仕上げます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...