December 4, 2020

フレッシュパスタ

今月のLighthouseコラムはフレッシュパスタの話です。


私のパスタマシーンは東京に住んでた時代に買ったもので、もう20年は持っていることになります。記憶が不確かですが、吉祥寺のカルディで買ったような・・・。

切って粉をまぶしておくとくっつきにくい。


真っ赤なビーツのパスタ生地。

何年かに一度思い出したように作ってみるだけで、あまり突き詰めて凝ったことはありませんでした。でも、戸棚を開けるたびにマシーンが目に入って「使ってよー」って訴えてる気がしてた(笑)。




コロナ以降、夫と娘がいつも家にいるので、夕食の時間を6時15分と決めて食べられるようになりました。

マッシュルームのクリームソース。

リコッタチーズとほうれん草とパルメザンチーズ。

夕食の時間に合わせて逆算して準備できるので、いろんな作業があっても計画的に進められます。パスタ作りはそれ自体楽しいですし。

このまま冷凍もできます。


アタッチメントでリングイニのような細めのパスタを作るのは難しいので、切るのは包丁を使っています。作るのが一番面白いのはラビオリやトルテリーニです。

もっちりして食べごたえがあります。

ビーツやほうれん草を入れてカラフルなのを作ったり、伸ばしたままのを切らずにラザーニャにして使ったりもしています。

調理器具が棚に仕舞ったままでなく、ちゃんと使うようになると罪悪感もなくなりますね。

December 2, 2020

大きなフライパン・Italian Fig Cookies

少し前の話ですが、12インチのカーボンスチール製のスキレットを買いました。Lodgeのものです。


使い込めばノンスティックに近いくらいくっつかない、など、良い評判ばかりを読んでいたので、興味のあったカーボンスチールという素材ですが、餃子を焼く時に今持っているキャストアイアンのだと少し小さいのもあって、大きなのを新調することにしたのです。



届いてみると、思っていたより大きくて重く、持ち手も長い。早速揚げ物などに使っていますが、何度も分けて作業しなくてすむので、ラクです。


ドライフィグを使ったクッキーを焼きました。アメリカではおなじみのフィグバーです。


ちょっと生地が緩かったのか、焼いているうちに広がってしまいましたが、イチジクが大好物の私にはぴったりのクッキー。家族はみんなイチジク嫌いなので、結局私ひとりで食べましたけど・・・。

November 29, 2020

Tree House・今年のツリー

毎年恒例、サンクスビギングの翌日の朝に生のクリスマスツリーを買いに行きました。

混む前にさっさと買いにいくのがコツ。

娘が小さかった頃は天井まで届く8フィートのを買っていたのだけど、ここ数年は6フィートのこじんまりしたのにしています。コロナのせいか、インフレーションのせいかはわかりませんが、ツリーの値段が急騰していました。

新しいツリースタンド。

去年まではプラスチック製のツリースタンドに手作りのツリースカートをかぶせていました。でも見た目がどうしても好きになれなくて、気に入ったのがあったらぜひ買い換えたいと思っていたのです。


数ヶ月前にCast Iron製の重いツリースタンドを見つけて、ひと目で気に入りました。スタンドそのものがシンプルできれいなので、布で隠す必要もありません。

オーナメントがもりもりですね。

アドベントカレンダーミトンとツリーハウス。

ツリーを飾った後は、これまた恒例のジンジャーブレッドハウス作りです。今年はTargetで可愛いツリーハウス型のを見つけました。

ちょっと変わっていて気に入りました。


土台に家をのせます。

組み立て終わりました。

高さがあるので、ちょっと組み立てにコツが要りますが、毎年やっているので、慣れてきて失敗をカバーする方法も自然と覚えました。

私は座ってじっくりデコレーション。

屋根の絞り出しうまく行きました。

私のツリーハウス。

娘のツリーハウス。雪いっぱい。

あーでもない、こーでもないと娘と一緒にデコレーションして楽しかったです。


November 27, 2020

Thanksgiving 2020

昨日はThanksgivingでしたが、我が家はもともと大家族で集まる伝統がないので、世の中で言われているような「例年と違う特別なThanksgiving」という感じはしませんでした。

手作りのサワードウブレッドを小さく切る。

もう何年もターキーを焼いていないし、大抵は旅行中かレストランに食べに行っていたのですが、今年は家でのんびり。ロサンジェルスはまたコロナ患者の急増でレストランは室内も屋外の営業も禁止でテイクアウトのみとなっています。

鶏肉を開いて焼いたので、火の通りが早い。

家族に「ターキーどうする?」と聞いたら、別になくてもいい、というので代わりにチキンをローストしました。サワードウブレッドを焼き、小さく切ってチキンの下に敷いて焼き、ルッコラのサラダと一緒に盛り合わせました。


あとはタプナードを作り、娘にデザートを任せました。


Tiktokで見たといういちごのターキー、ベリークランブルのバニラアイスクリーム添えです。


プレッツエルにミニマシュマロを刺したものをターキーレッグに見立て、いちごに刺します。それを溶かしたチョコレートでコーティング。驚くほどターキーそっくり!

いちごがターキーに見えるでしょう?

娘にチェダーチーズ、サラミとブルーベリー、ざくろを盛り付けてと頼んだら、花のように飾ってくれました。


Thanksgivingというと、食べ物をどっさり作って、大量に残り物が出て、それを何日もかけていろいろ変化をつけて食べる、のが風習ですが(まさに日本のおせち料理ですね)、我が家は残り物を食べるのが好きじゃないので、食べきれそうな量だけ用意して、小ぢんまりと。

穏やかなThanksgivingを迎えられただけでもありがたいです。

November 25, 2020

Matcha Cream Cheese Pound Cake・コードのオーガナイズ

このレシピで抹茶パウンドケーキを焼きました。



クリームチーズが入るので、どんな味になるか興味があったのと、上がパカっと割れるように焼くコツが書いてあったので試してみたかったのです。


抹茶パウダーはTrader Joe'sで売っているのを使いました。小分けサイズですが、一袋にほんのちょっとしか入っていなくて、結局は一箱全部使いました。


生地を型に流してから、冷たいままのバターを薄く切り、それを真ん中に埋め込むことによって、きれいな割れ目ができるそう。半信半疑やってみましたが、ちゃんと割れましたよ。

抹茶ポッキーの味のパウンドケーキ。

娘が一口食べた感想は・・・「抹茶ポッキーの味」だそうです。そう言われてみれば、確かにそうかも。クリームチーズの味は抹茶で消えて、クリーミーな後味だけが残る感じ。

電気製品のコードが見えるのが嫌で、なるべく隠すように工夫していて、今までは机の後ろに書類のクリップをマスキングテープで貼って、穴にコードを通してまとめていました。

四角い木のはiPhoneのチャージャー用の台です。

Amazonで机に貼り付けるタイプのオーガナイザーを見つけて買ってみました。

横から見ると隠れて見えないのでスッキリ。

私のデスクトップの裏には、Fitbit、AirPods、iPhone、マウスやキーボードを充電するためのコード、の4本が常につけてあります。それらを一本ずつ穴に入れて、全部のコードを机の裏の見えないところにまとめました。

私しか気がつかない超細かいことですが、使いやすくなって満足しています。

November 23, 2020

オレンジ風味のフラン・植木鉢の台

 エバミルクとコンデンスミルクを入れる濃厚なラテンフランをパウンドケーキ型で作りました。America's Test Kitchenからのレシピで何度も作っているのですが、応用としてオレンジの皮のすりおろしとカルダモンを入れるのが紹介されていました。

カラメルソースはたっぷりと。

卵黄多めの濃厚な卵液。

オレンジの皮が甘さをいい具合にカットして、ほんのりオレンジの香りがして、普通のよりずっと美味しく感じました。

濾しながら型に流して湯煎焼き。


何年か前に買ったMoney Tree(パキラ)が天井につきそうなくらいに伸びていました。タオルを敷いた上に素焼きの鉢を置いていたのですが、その下が湿って木の床に跡がついてしまいました。発見した時はかなりショックでした・・・。

キャストアイアン製で、しっかりしています。

早速、鉢を移動して、毎日窓を開けて換気を良くし、床の木を完全に乾かしたら少し良くなりました。このまま戻してもまた同じことになるので、どうしたらいいか考えた結果、移動式の台があれば掃除もし安く通気も良いんじゃないかと思いました。

私の机の横に置いています。

それでAmazonでローラーのついた丸い台を注文して、その上に鉢をのせました。ほとんど目立たないし、移動も簡単で、なぜ今まで思いつかなかったんだろうと悔やまれます。


ついでに葉っぱを選定しました。私のような園芸が下手な人でも、水をあげるだけでこんなに育つんですから、パキラは丈夫なんですね。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...