January 24, 2020

ポルトガル旅行・その4

ポルトに行ったら、多分ほとんどの人が訪れる有名な書店・Livraria Lello。
小雨の降るなか、長い行列。夏は三時間待ちが普通だそうです。
ここはハリーポッターの著者のJK Rowlingが91年から93年までポルトで英語教師をしていた時に、頻繁に訪れて、本の構想を練ったと言われている店です。
大きなピノキオの足がぶら下がっています。
螺旋階段で写真を撮るのも順番待ち!
5ユーロの入場料を払い、長い行列に並んで待たなければいけませんが、中は息を呑む美しさ。螺旋階段、天上のステンドグラス、天井まで届く本棚、店内は本を買う人よりも写真撮影に夢中な人の方が多いです。

美しい螺旋階段。

晴れた日にはリバークルーズもしました。
6つの大きな橋があって、そこを通り抜ける50分ほどのツアーです。
かわいらしい窓やドアの家が立ち並ぶ。
温かい日を選んでクルーズしました。
川沿いにはレストランやカフェが無数にあり、とても絵になる場所です。
私はリスボンよりはポルトの方が気に入りました。
寒いのでボートの中に座りましたが、ほとんどの人は外にいます。
石畳みの道をTuk-tukでツアーしてもらいました。
私たちはガイドブックのようなものを持って行かず、あまり街のことを知らないまま行ったので、英語のガイドに色々教えてもらって、ためになりました。
Tuk-tukはタイだけのものではないのです!
ガイド氏おすすめのTorre dos Clerigosにも登りました。
中世の街並みがそのまま。
教会の隣がタワーになっています。
狭い階段を登るのは大変ですが、ポルトの街がぐるりと見渡せます。
娘はどこに行ってもスケッチブックに絵を描いていました。 
アイスクリームでもPastel de Nataフレーバー。
旅行の思い出に、陶器でできたツバメを買いました。
どこのお土産屋でも売っていて、レストランや外壁に黒いツバメの陶器がたくさん並んでいるのを見て、可愛いなと思っていました。
私は黄色いのを買って、机の前の壁に飾りました。
黒が一番多いですが、私は黄色のにしました。
黄色と言えば、この旅行中に編んでいたセーターも黄色でした。
トップダウンで試着しながら編めるので、ポルトにいた時に着てみました。
まだ片腕が出来ていませんが、帰りの飛行機で編み終えました。
アパートメントのバルコニーから。
ポルトガルは何しろ寒くて、体調も万全じゃなかったけど、ローシーズンならではの良さがありました。
最終日、サンセットを眺めました。
毎日ひとつ(時々二つ)はPastel de Nataを。
次回からは普通のブログに戻りますね。

January 21, 2020

ポルトガル旅行・その3

リスボンからポルトまで、寄り道しながらドライブ。
レンタカーはマニュアルカーで、カーナビゲーションはポルトガル語、狭くて一方通行の多い道を、時差ぼけの抜けないまま夫一人で運転するのは大変だったと思います。でも、車はあったほうがこまめに観光できて便利なのは確か。
とにかく寒い。モコモコのブーツを履いて行って大正解。
ヨーロッパで二番目に最北端のCabo Carvoeiroのあたりは、石の層がゴツゴツと並んだ、最果ての地っぽい場所。
可愛らしい街並みのObidos。
可愛い店が立ち並ぶObidosにも立ち寄りました。
寄り道してポルトに到着した頃にはあたりは真っ暗。これまた住所を見ただけではさっぱり分からないような場所にAirbnbがあったのです。
広々としたリビング。
ダイニングテーブル。
石の壁のベッドルーム。
もう一つのベッドルーム。
素晴らしいロケーション、我が家より大きんじゃないかというくらいのゆったりしたスペース、モダンで明るいインテリア、予想よりずっと良い部屋でした。
バルコニーからはこんな夜景が。
オーナーさんに連絡してようやくたどり着いた頃には、私の風邪もかなり悪化していました。この調子じゃ今夜は高熱だなー、と思いつつ、無理して夕食に出かけました。
高熱にも関わらず、ワインをがぶ飲みしたため、
余計に具合悪くなってしまいました。
ポルトは歩いて回るのにちょうどよい大きさの街。
ぶらぶら歩いて見つけたいい感じのポルトガル料理店で、私はサーディーンのサラダを食べました。味が日本料理っぽい!というのが最初の印象。
ソーセージと豆の煮込みや豚肉の煮込み、
サーディーンのサラダ。
悪寒に耐えながら、持って行った服をなるべくたくさん重ね着して寝ましたが、翌朝は高熱で頭がぼーっとして、立ち上がるのも辛いほど。
立ちあがる元気もないほどグッタリ。
でも、ポルトまで来て一日中ベッドに横になっているなんて、我慢できません!
解熱剤を薬局で買って飲み、厚着をして気合を出して外出です。
駅そのものが観光名所。 
高い天井なので、開放感があります。
列車で移動するのも楽しそうだなー。
まずは部屋から歩いて1分のポルト駅へ。
青と白のタイルが素晴らしい。駅の構内はモダンで、建物のデザインとのギャップがまた良い感じでした。
街の中心部にあるタイル貼りの教会。
中が意外とシンプルなのもいい。
私が一番気に入ったタイルの建物は、Capela das Almasです。
教会の中もシンプルで、派手すぎなくて私の好みでした。
川の向こう岸はGaiaという街です。
川の向こう岸にあるGraham'sでポルトワインの製造過程を見るツアーとテイスティングもしてきました。
英語のツアーに参加しました。
私はデザートワインを飲むよりも、甘いデザートを食べたい方なので、あまりポルトワインには興味がなかったのですが、ここで3種類の試飲をして甘いワインもいいものだなーと思いました。風邪で喉も痛かったので、まるで咳止めシロップのような気がしたからかも(笑)。
私は普通の、夫はプレミアムコースを。
甘いワインで高熱が続いた一日を締めくくりました。
次は最終回です。

January 19, 2020

ポルトガル旅行・その2、California Chic Classic

旅行の話の前に・・・
土曜日にCalifornia Chic Classicというダンス競技会に我がサルサチームが初参加しました。
画面で見ると、私は前列の左端です。
予定開始時間が8時だったのに、かなり遅れて10時半になり、普段早寝の私は眠くなってきたのと、会場の冷房が効き過ぎて寒くて震えていたのもあって、緊張が緩みました。
小顔のモデルの隣に立つのはちょっと恥ずかしいです(笑)。
ちょっと間違えた部分もあったけど、努力の成果は出し切れたと思います。
何と私たちのチームは一位になりました!
さて、旅行の話に戻って・・・
リスボンと言えば、トラム。中でも28番のトラムが旧市街を回るというので、観光客に人気です。私たちも乗りましたが、東京の電車並みにぎゅーぎゅー詰めで、あまり楽しくありませんでした。
トラムと建物の色がマッチしている!
アパートメントから市街へ続く階段。
その代わりに、地下鉄をよく使いました。
二人とも時差ぼけで疲れ気味。
歩き疲れたら、Pastel de Nataとコーヒーで休憩。
目の前で作っているのが見えることで有名な、Manteigariaも、細長いカウンターで立ち飲みしながら食べられます。
出来たてのほかほかが買えます。
ロゴも素敵。ポルトにも支店がありました。
ひたすらPastel de Nataだけを作る店です。
大晦日はどのレストランも予約でいっぱいか、閉まっている店ばかりで、なかなか食事にありつけませんでした。

ようやく見つけた店で、シーフードタワーを頼み、シャンペンを飲んで、花火の時間が来るまで時間をつぶしました。
すごい量のシーフードタワー。
Praca do Comercioという広場でコンサートと打ち上げ花火があるので、行ってみました。
リスボン中の人が全員ここに集まっているんじゃないか?と思うくらいのすごい人で、押しつぶされないように立っているのが大変なくらい。
永遠に続く人波。
新年が明けると15分ほどの素晴らしい花火ショーが始まりました。
これが本当に息を呑む美しさで、今まで見たどの花火よりも感激でした。
寒さも忘れる美しさ。
頑張って起きていた甲斐がありました。
元日はどこも空いてないだろうと、車で少し郊外のBelemまで行って、またPastel de Nataを食べてきました。恐らく、リスボンを訪れた観光客で行かない人はいないんじゃないかと思うくらいの有名店、Pasteis de Belemです。
このお菓子屋さんが街のランドマーク。
確かに行列は長いのですが、注文する列と品物を受け取る列が分かれており、とても効率よいシステムなので、大して時間はかかりません。
焦げ目がしっかりついて美味しそう。
ここのは観光客価格で少し高め、1.5ユーロでしたが、確かに美味しかったです。
写真では見えませんが、水の上に建っています。
Torre de Belemという水の中に建つお城に寄ったり、食べ物のマーケットがずらりと揃う人気のスポット・Time Out Marketにも行きました。
ここも席を確保するのは至難の技。
3Dの壁画アート。
が、運悪く風邪をひいてしまいました。
夫のが移ったのか、町中の人が咳しているからかはわかりませんが、熱が出そうな予感。
普段滅多に風邪など引かないのに、なぜ今?!
アパートメント近くの木にぶら下がっていたポンポンが可愛くて・・・。
次回はポルトに移動です。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...