September 21, 2020

PB&J Sandwich Cookies・ハッシュブラウンキッシュ

 ピーナッツバターを入れたパリッとしたクッキーの間にピーナッツバターとジャムを挟んだクッキーを作りました。レシピはこちら



アメリカ人のランチの代表格のようなピーナッツバター&ジェリーサンドイッチですが、我が家は夫も娘も好きじゃないんです。しかも、今は学校がナッツアレルギーの生徒を考慮して、ナッツが入ったものは学校に持っていけません。私はたまに食べたくなる組み合わせです。



以前に9インチのパイ皿で作ってみたハッシュブラウンのキッシュ、今回は小さめのパイ皿に三つにわけ、焦がさないように気をつけて焼きました。



パリッと焼けてパイ生地を敷き詰めるより簡単だし、なかなかいい方法だと思いました。


September 18, 2020

Death Valley/ Las Vegas

少し前にデス・バレーとラスベガスへ小旅行してきました。

夫と娘はなぜかここが好きらしい。

私は車でのロードトリップが嫌いで、飛行機でさっと行きたいのですが、今はそうもいかないので、長い車の移動も我慢です。

閑散としてるモーテルの横のジェネラルストア。

暑すぎるから朝の10時以降は歩かないようにと。

デス・バレー国立公園は、ただでさえ暑いのに、記録的最高気温の日に行ったので、オーブンの中どころか、車から出たら焦げてしまいそうに暑かったです。

自由の女神もマスクをつけていました。

アメリカに引っ越した頃に一度だけ行ったことがありましたが、何も覚えていませんでした。コロナのせいなのか暑さのせいなのか、ほとんど人はいませんでした。泊まったモーテルも私たちだけ。

紙のメニューはなし。スキャンして電話で見ます。

とうもろこしとエビのタマレ。

マルガリータ最高。

ツナのタルタル。

さくっとした衣のチリリエノ。

翌日はラスベガスに行き、久しぶりにレストランで食事したり、街をぶらぶら歩いたりもしました。デス・バレーとはうってかわって、コロナなんてなかったかのように混んでいて、私は何だか落ち着かず、早くホテルに戻りたいって思ってしまいました。

すごい混みようで驚きました。

ダウンタウンにも行ってみました。

夕食は以前も行ったBobby FlayのMesa GrillとChef Marc's Trattoriaへ行きました。

空いているレストランをあえて予約。

最後の朝にWarm Cinnamon Rollというのをレストランで頼んだら、巨大な焼き立てのロールにとろとろのクリームチーズフロスティングがかかったのが出てきました。

甘党の私でも全部は無理でした。

10000カロリーくらいありそう(笑)ですが、すごく美味しかったです。

Seven Magic Mountains

素晴らしい夜景。
帰りは道が混んでいて7時間もかかってしまいました。私が運転したわけじゃないけど、腰が痛くなるし、早く飛行機で旅行できるようになるといいなと思いました。

September 16, 2020

樺の木の野菜入れ・バクラバ

久しぶりにバクラバを作りました。


冷凍のフィロを買ってきて、一箱丸ごと使います。


溶かしバターの上の泡、下に沈んだ白い部分を除いてギーを作り、くるみとアーモンドを細かくしたものを間に挟みながら重ねていきます。




時間はかかりますが、家族の好物なので作り甲斐があります。


キッチンの小さなカートの上にじゃがいもとか熟れるのを待つマンゴーとかバナナなどをカゴに入れて置いています。

でもなるべく道具も食材も表に出しておきたくないほうなので、通気性が良くて蓋ができるものがあるといいなと思っていました。


Etsyで樺の木で出来たこんな容器を見つけて買ってみました。

はるばるロシアからこんな小包で届きました。表面の小鳥の彫刻が気に入っています。

September 14, 2020

Grapefruit-Poppy Seed Loaf Cake with Yogurt Glaze

このレシピでポピーシード入りのケーキを焼きました。


油脂はバターのかわりに植物油を使っています。


常温で液体の油なので、焼けたケーキが長い間しっとり保てます。

私はグレープフルーツとグリークヨーグルトが大好物なので、そのふたつが入ったケーキを見つけて早速作ってみようと思いました。


ケーキも美味しいけど、旬の果物・いちじくが美味しいうちは、毎日でも食べたい。




これは緑色のタイガーフィグという種類で、ちょうど熟れた時に食べると本当に美味しいです。


この前、面白い水を見つけて買ってみました。

水が真っ黒なんです!何しろミネラルたっぷりの体に良い水らしいのですが、見た目と違って味は普通の水(笑)。水でもいろんな選択があるものですね。

September 11, 2020

カリフォルニアの今

 ニュースもこの話で持ちきりですが、北部の山火事の影響で、空が変なことになっています。


車の上には白い灰がうっすらと積もり、朝の散歩だというのにまるで夕暮れのようなオレンジの空。この写真は朝の8時半にビーチで撮ったもので、何だかこの世とは思えないような不思議な空が一日中続いています。

娘の靴を買いに、半年ぶり以上でサンタモニカに行ってきました。


足のサイズが8か8.5かわからないのと、どうしても実際に履いて決めたいというので、オンライン授業が終わってから出かけました。


駐車場がまずガラガラ。プロムナードを歩いたら閉店した店ばかりで閑散とした雰囲気です。たまに用事がなくても行きたくなるMUJIはMUJI USAが倒産したのでお店も抜けの殻。まだ出来てから数年しか経っていないのに。そしてキッチン用品のSur La Tableも倒産したので、閉店セール中。店の中にはほとんど何も残っていませんでした。


レストランやカフェも軒並み閉店。ストリートパフォーマーもほとんどいなく、活気がある頃を知っている者には悲しい状況でした。


NikeのAir Force 1というスニーカーが娘のお目当てで、黒と白を試し履きして30分もどちらの色にするか迷って、結局は黒を選びました。

どうやら同級生の間でこの靴は相当人気があるらしく、シンプルで私も好きですが、なぜそこまで人気があるのかは謎。ティーンの好みを理解するのは難しいです。

読者のきぬえさんのおすすめの本・篠田節子さんの「夏の災厄」を読みました。


ずいぶん前に書かれた本なのに、まさに今のコロナ禍の様子を予想していたような新型の日本脳炎が人々をパニックさせるという話です。インドネシアと秋川市の繋がり、病院や役所のシステム、予防接種の利点と弊害、などなど、驚きながら読み進めました。

September 8, 2020

Catalina Islandへ

娘の誕生日祝いとして、船でカタリナ島へ行ってきました。



以前に行ったのはちょうど10年前の私の誕生日で、季節外れだったため、どこもがらがらでした。

ロングビーチという港からフェリーで1時間、こじんまりしたAvalonという街に到着。何と、予約したホテルも10年前と同じホテルで、着いてみてびっくりしました。

夏の最後の週末、飛行機を避ける人々の身近な旅行先なせいか、ホテルの値段が法外に高い!普段の4倍くらいもするんですが、他にチョイスがない。

どこの店もレストランもマスクがないと入れないし、それなりにソーシャルディスタンスは守られていましたが、ビーチの混みようを見ると、パンデミック中とは思えませんでした。


私たちはZip Lineをしました。


今までやった中で一番楽しかったのですが、その理由は道具にハンドルが付いていたこと。今までの場所では厚いスエードの手袋をはめ、摩擦を感じながらちょっと怖かったのですが、ここのはハンドルを握るだけで他の心配は要らないのでラクラク。


長さも5本とちょうど良く、美しい景色を楽しむ余裕もありました。


夕食はビーチ沿いのレストランのテラスで。多分コロナがなくてもこういう外のレストランで食べると思うけど、ようやくバケーション気分になれました。


翌日はEco Ridge Tourに申し込みました。


今は生産中止のHummerを改造した頑丈な車で、ふた家族だけで、それぞれが離れて座るスタイル。山の上をがんがん登り、ガイドが島の歴史を説明してくれます。しっかり日焼けしてしまいましたが、面白かったです。


午後はGlass Bottom Boatに乗りました。まあ、シュノーケリングをせずに魚を見ることができるようなものです。


夕方にまたフェリーで戻りました。これくらいの小旅行のほうが、今はストレスが多過ぎずに良いです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...