December 15, 2019

Gingerbread house 2019・モニカの死

今年もジンジャーブレッドハウスのキットを買って、娘とデコレーションしました。
雨の週末にピッタリのアクティビティ。
一日目は家の組み立て。一日で全部やろうとすると、家がちゃんと固定していないので、失敗しがちです。だから、先に進みたい気持ちを抑えて、まずは家の組み立て。
このセット、緑のマジパンまで入っていましたよ。
今回買ったのは、Wiltonのセットで、家が8軒も入っていました。飾りのキャンディやスプリンクルもたくさん。
こちらは私の。
私は箱の写真に近いようなカラフルなの、娘は一軒につき、一色でまとめたシンプルなのを作りました。
こちらは娘の。
小さいので、暖炉の上に飾るのにちょうどよく、クリスマスらしいデコレーションが出来ました。
白と緑の丸い実がついたブーケを飾っています。
我が家のペット、インコのモニカが12日に亡くなってしまいました。
朝起きて、エサ交換のために鳥かごを開けようとしたら、腹ばいになっているモニカを発見。前日までは普通のようすだったのに、自分で産んだ卵の横で静かに眠りについていました。

裏庭で拾ってからほぼ5年、賑やかに家族の一員になってくれていました。残されたキューティが悲しみでピーピーと泣く様子を聞いていると、本当に寂しそうで、見るのが辛いです。

December 12, 2019

雪だるまのマカロン・クリスマスツリー

雪だるまの形のマカロンを作りました。
なるべく大きさの揃ったのを組み合わせます。
普通に丸い生地を絞り、その上に少し小さめの生地を絞ってくっつけます。
間にはフリーズドライいちごを砕いたものを混ぜたバタークリームといちごジャムを挟みました。
真ん中に少しジャムを詰めました。
ロイヤルアイシングで雪だるまの表情を絞り出しました。
思った通りに可愛くなってよかったー。
スカーフがちょっとさくらんぼっぽいでしょう?
側面はこんな感じです。
今年は少し小さめのクリスマスツリーを買いました。
1フィートくらい違うだけで、結構小さく感じます。
しばらく鳥かごは私の机の隣に移動中。
家の中が森の中のような匂いです。

タップの練習をするのに、Fasfootという折りたたみ式の板を使っていますが、何せ小さい。少し大きな動きを練習したくても、すぐはみ出してしまうので、もう少し大きければいいのに・・・とずっと思っていました。
手前が新しい板。使い込んで同じ色にしたい。
それで、もうひとつ購入し、ふたつをくっつけて使うことにしました。
最初のは、靴底の引っかき傷がついて真っ黒なので、均等になるように新しいのでもしっかり練習しようと思います。

December 10, 2019

パンプキンブレッド

少し前ですが、パンプキンブレッドを焼きました。
ハロウィンあたりから、どこに行ってもパンプキンフレーバーの物が売られているせいか、食べていなくても何だかパンプキンでお腹いっぱいというような気持ちでした。今年は結局パンプキンパイ焼かなかったし。
オリーブオイルをたっぷり入れるのでしっとりします。
でも、試してみたかったレシピでパンプキンブレッドを焼きました。
オリーブオイルと生のしょうがのすりおろしが入っているのです。
上にパンプキンシードを散らしました。
とてもしっとりして、そのままでも美味しいですが、塩味の利いたメープルバターを塗って食べると格別です。
塩味の利いたメープルバターがぴったりです。
今、春のショーケースに向けて、La La Landのタップシーンを、ダンスパートナーのBさんと練習しています。
ようやく全ステップを覚えて、昨日初めてビデオを撮りました。
あー、もう表情も動きもかたくて全然ダメ!もっとリラックスして踊らないと。
でも、こうして客観的に見て、動きをなおして行くのが、一番勉強になります。
私も結構細かいタイプですが、彼は私の上を行く完璧主義なので、遠慮せずに何度も練習出来て、今のところとても意義ある練習になっています。

December 8, 2019

風呂敷ラッピング

今月号のLighthouseコラムは風呂敷ラッピングの話です。
上の画像をクリックすると拡大して読みやすくなります。
我が家ももうサンタクロースが煙突からやってくることはなくなったので、伝統的なアメリカふうのやり方で、ツリーの下にプレゼントを置いて、クリスマスの朝に開けるようになりました。
周りを三つ折りにして縫うだけ。
ラッピングペーパーで包むと、たくさん紙もテープもリボンも使います。で、開けるときはびりびりと紙を破いて、ゴミ箱にポイ。
かなりもったいないです。
お弁当を包むように。
大きな白いポンポンを結ぶ。
そこで、洋服作りなどで余った布を風呂敷に仕立てました。
四角に切って周りを縫うだけです。大きさも大小あったほうが、いろんな物に対応しやすい。
あと、ポンポンも大小いろいろ作りました。これだと、ただ風呂敷の結び目にとめるだけで、リボンの長さなど気にしなくていいからです。
使い終わったら、畳んで箱に収納して来年また使えます。
これでもうラッピングペーパーは不要です。
こんな風にツリーの下に置きます。

December 5, 2019

Thanksgiving trip

今年のサンクスギビングはあいにくの雨でした。
パームスプリングスという、ロサンジェルスから車で2時間ほどの所へ行ったのですが、途中で雪が降り始めました。こんなこと、滅多にありません。
雪が降るなんて予想してなかった!
私はロードトリップがあまり好きでないこともあって、カリフォルニアでも行ったことのない場所がたくさんあります。
今回の目的は、Slab Cityという場所です。
上に登ることはできません。スラブシティの入口にあります。
電気が通っていなく、不思議なアートがたくさんある、面白い街。
絵になるピックアップトラック。
入口にあるSalvation Mountainは観光客で賑わっていますが、少し奥に入ると、トレーラーハウスやテントがぽつぽつとあって、それなりに街っぽい。
娘は自分でジーンズに穴を開けるのに凝ってます。寒そう(笑)。
政府の法律が適用されないとか、ヒッピーの週末の家だとか、砂漠のど真ん中、とかそんな話だけ聞いていたので、実際に見てあまりビックリしなかったけど、やはり世間から隔離されたような不思議な雰囲気の場所ではありました。
途中でInternational Banana Museumにも寄りました。
外に黄色い車が停めてあったり、トイレもバナナの絵が描いてあって、バナナ愛が伝わってきました(笑)。
メキシコに近い、何もない場所にぽつんとあります。
バナナ色の車!
トイレもバナナ。
何の知識もなしに訪れたBombay Beach Ruinsが、一番面白かったです。
スペースシップのような物体が空き地にあります。
海の目の前にある荒れた家が立ち並ぶ小さな街で、落書きや、流木のアートがあちこちにあって、何だか絵になる。
ビーチにいきなりポストとドア。
空き家が落書きとゴミだらけ。
でも何かカッコいい。
最後の日はテメキュラに寄って、ワインテイスティングをしました。
でも、サンクスギビングの日に飲み過ぎ食べ過ぎだったせいもあって、ちょっと胃を休めたい感じがしました。
テメキュラは二度目の訪問。
帰りに雪山をハイキングしました。車の移動ばかりだったので、歩いてさっぱりとした気持ちになりました。
ブーツ履いて行ってよかった。 
娘とお揃いの帽子。その話はまた今度。

November 27, 2019

パン生地でCornucopia作り・ピーカンパイ

去年も作ったCornucopiaを今年も作りました。
市販の缶入りのピッツア生地を細く切り、アルミホイルを丸めた型に巻きます。
3缶買ってきましたが、よく伸びる生地で、2本で足りました。
卵を塗って焼くだけ。
きれいな焼き色に焼けたのですが、娘が見て一言「羊の角は先っぽが尖ってないと」と。
確かに・・・来年はもっと尖った型を作ってそれらしい形にしよう。
アルミホイルにはスプレーオイルを忘れずに。
中には裏庭で収穫出来たざくろ、道で拾った松ぼっくり、頂き物の柿、庭のローズマリー、スーパーで買って来たドングリやくるみなどを詰めました。
からからに乾燥焼きしてあるので、数日置いたままでも平気みたいです。
いかにもサンクスギビングって感じでテーブルが華やぎました。
果物の色が冴えています。
バーボン入りのピーカンパイを焼きました。
夜中のパイ作り。下焼きした生地にフィリングを注ぎます。
普通はコーンシロップを使うところを、メープルシロップと蜂蜜に置き換えたレシピです。
パイ生地にも砕いたナッツを加えてあるんですよ。
私は今年もターキーは焼きませんが、何となくパイのシーズンなので、こんなのを焼いてみたくなったのでした。
バーボンが甘さを引き締めてくれています。
さて、今週は学校もずっと休み、スーパーは激混みで、アメリカはサンクスギビング一色です。ターキーの写真見るだけで、お腹いっぱい食べたような気分です。
我が家も小旅行に出かける予定。
ブログは12月6日(金)までお休みしますね。

November 25, 2019

Flax Seed Crackers

フラックスシードに水を混ぜてふやかして、オーブンで焼くだけというクラッカーを作ってみました。
水とフラックスシードを混ぜて、一晩置く。 
パーチメントペーパーの上に薄く伸ばす。
低温で3時間やくと、薄くてぱりっとしたクラッカーになります。
何のつなぎも入っていないので、ほろほろと崩れますが、チーズやジャムに添えるのにぴったりです。
乾燥焼きすると少し縮みます。
健康的な味ですが、何しろ歯の間に詰まりますね(笑)。
この前、友人のガールフレンドの大学院の研究室での乳がんの研究会みたいのに呼ばれて行ってきました。
ダウンタウン近くのUSCです。
私が乳がん経験者だから呼ばれたのですが、正直言って話が難し過ぎてちんぷんかんぷんでした(笑)。
専門用語が多過ぎてわからないし、老眼でスライドもよく見えない(笑)。
いちばん面白かったのが、最後の研究室ツアー。実際に乳がんの研究している実験室を案内してもらうなんて、滅多にない機会です。
大学院のがん研究室を見せてもらいました。
新しいセーターを編もうと、毛糸を巻いています。
今度は太めの糸で、編み針も10号と太いので、わりと早く編めるんじゃないかなと思っています。
糸巻きはアメリカで買ったのですが、日本製なんですよ。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...