September 19, 2017

Cuba旅行・その2

アメリカ人がキューバを合法的に個人旅行するには、政府が定めた12の理由のひとつが必要です。こんな国、他に聞いたことありませんけど、規則ですから従わないといけません。ツアーだと、予め行く博物館とか決められていて、ガイドがついて、国営ホテルに泊まって、とても高額な旅行になるようです。私達はあまり予定を決めずに、好きな時に好きなことしたいので、トランプ政権で個人旅行が出来なくなる直前、ぎりぎりセーフで滑り込みました。
  1. Family visits
  2. Humanitarian projects
  3. Official government business
  4. Journalistic activity
  5. Professional research
  6. Educational activities
  7. People to people travel
  8. Religious activities
  9. Public performance, clinics, workshops, athletic or other competitions and exhibitions
  10. Authorization to provide travel services, carrier services, and remittance forwarding services
  11. Activities of private foundations, research, or educational institutes
  12. Exportation, importation, or informational transmission
    それで私達がひらめいたのがサルサレッスン!6番の教育に該当します。
    私にとって今回の旅行の目玉です。
    夫が、アパートから歩いて行ける距離の学校を探しておいてくれました。着いた翌朝、様子を見に歩いて行きました。外に看板もないので、見逃しそうな場所です。
    こういう時、夫の旅行のリサーチ力がすごく頼りになるんです。
    毎日、「今日は何を習うんだろう?」と考えるだけで、
    学校まで25分の道を歩いて行くのが楽しみでした。
    行ったら数人が踊っていましたが、観光のオフシーズンためか、結構ヒマそう。こんな行き当たりばったりで、プライベートレッスンを受けられるのか半信半疑でしたが、3人それぞれに先生が決まりました。
    水をたっぷり飲んで休憩中。外からの風と扇風機だけなので、暑い!
    スタジオの床は美しいタイルで、オレンジの壁もベランダへのドアも、向かい側にあるベーカリーからのいい匂いまで、全てがいい感じ。
    私の先生・ヘラルド。4年前から英語を勉強し始めたそうです。
    私の先生はGerardo(ヘラルド)。まずはどのくらいのレベルか知るために、一曲踊ってみました。
    video
    その後、英語の説明で、スペイン語のステップの名前を教わり、実際に練習します。それが出来たら曲に合わせて他のステップと組み合わせる・・・・の繰り返しで、自然と覚えていくというわけ。もう、脳みそはフル回転、ステップに集中しつつも、腕がぐるぐる回って、結構アクロバティック(笑)。

    レッスンはこんなふうです。私の動きに硬さや無意味な恥じらいが残っていて、まだまだ下手ですが、上手な相手と踊ると、動きについていきやすいです。いつもヘラルドに「Don't think!」と言われていました。相手の目を見て、リードを任せ、リラックスすることが大切なんだそうです。
    video

    上のビデオの途中で娘がスペイン語のステップの名前をコメントしています。新しい動きをたくさん習いました。
    私が習っているのは、いわゆるL.A.スタイルですが、キューバには独特のCuban Salsaのスタイルがあります。こなれた感じでカッコいいのです。そのエッセンスをちょっとでも習いたいと思いました。
    Yoennaが夫に教えてくれました。
    私にとっては、彼女の動きを見ているだけで勉強になります。
    夫には、おしゃれでチャーミングなYoennaが、娘にはお姉さんのようなVictoriaが教えてくれました。別に決める前に話し合ったわけでもないのに、それぞれの人にピッタリの先生だったのが、ラッキーでした。相性の良くない人と踊るのはお互いに楽しくないですからね。
    人懐っこいVictoria。わからない言葉は携帯電話で翻訳して
    娘と意思の疎通をしていました。
    video

    Gerardoの選曲がまた最高なんです。私が感激してそれを伝えたら、幾つか彼の好きなキューバのバンドを教えてくれました。しかも、踊っている途中に、曲に合わせて大声で気持ち良さそうに歌うのです!これが、もう本当に板についていて格好良く、踊っている相手(私)をもリラックスさせる効果があるのでした。
    踊りはもちろん、説明も選曲も、歌まで上手でフレンドリーなヘラルド。
    Gerardoに「いつからサルサ踊っているの?」って聞いたら、「多分3歳くらい。家族のパーティで親戚のおばさんとかと踊って自然に覚えたし、みんなそうだよ」って。羨ましいくらいに骨の髄まで、サルサ魂が染み込んでいるのです。
    バチャータは、ドミニカ共和国から生まれたダンスです。
    サルサの基本がわかっていれば、それほど難しくなさそう。
    ステップは下のビデオの1・2・3・4の横の動きが基本。
    video
    合計6日間、13時間習ったんですけど、そのうちの1時間だけ、Bachataを習ってみました。クルーズシップで基本を習ってから、ちょっと興味があったのです。新しいことを習うとワクワクするし、すごく楽しかったー。
    それぞれの先生と記念撮影。本当に有意義な時間でした。
    もっとレッスンを受けたかったし、キューバがあまりにも居心地よくて帰りたくなかったから、飛行機がキャンセルになり、ハバナに4日余計に泊まることになったのは、むしろラッキーだったのかも。
    学校のバルコニーから見える、向かい側のパン屋さん。
    いつも行列が出来て、焼きたてのいい匂いがたちこめていました。
    サルサが好きだったおかげで、この学校が私とキューバとの橋渡しをしてくれたような気がした、夢のようなレッスンでした。

    September 17, 2017

    Cuba旅行・その1

    キューバ旅行、素敵な経験がたくさんあったので、何から書いたらいいのかわからないほどです。写真を見返すだけで、懐かしくて涙が出そうなくらい・・・。
    30年前のロシア製の車・LADAで迎えに来てくれたVivian。
    アパートの階段のタイルもさりげなく素敵。
    プエルトリコ旅行の時に、初めてAirbnbを使い、普通の人の家に泊まるスタイルがすっかり気に入ったので、今回も利用しました。
    天井の高い開放的なリビングルーム。
    ピンク色のベッドルーム。レトロ感・満点。
    青色のベッドルーム。エアコンがないと、蒸し暑くてとても眠れません。
    アメリカ人は基本的にはキューバでクレジットカードを使うことが出来ないので、全部現金で持参するのですが、銀行での換金レートがひどい。その点、Airbnbのホストはよいレートで換金もしてくれるし、空港への送り迎えもしてくれるし、いいことずくめです。
    アパートのバルコニーからの眺め。
    Vivianがほぼ毎朝様子を見に来てくれて、換金や長距離タクシーの
    手配、水の補充、レストランのおすすめなど、まめに世話をしてくれました。
    ホストのVivianはキューバ生まれのスペイン人で、素敵な笑顔の美人女性。
    アパートは街の中心近くの便利な場所の3階で、ベッドルームがふたつあります。
    高い天井に古いタイルの床は、もう私の好みに直球でした。
    シャワーは基本的に水のみ。
    タンクでお湯が出るかチェックしてくれていますが、だめそう。
    給油タンクの横が筒抜けになっていて、下の階の生活音が丸聞こえ。
    キッチンがあるので、果物を買って食べたりも出来ます。
    二階にVivianのお兄さんが住んでいて、そこで朝食をいただきます。
    おばあさんが寝間着のままテレビを見ていたりして、本当に親戚の家で食事をご馳走になっているような感じ。
    マンゴーやパパイヤ・グアバのおいしさと言ったら!
    卵料理も出来立てをサーブしてくれます。
    イメージ通り、キューバの車はアンティークカーばかりで、タクシーもその例外でないので、いろいろな種類に乗ることが出来ました。値段は交渉次第です。
    道に立っていれば、簡単にタクシーが止まってくれます。
    なぜ50年代の車が今でも動くかというと、大抵の車はボディはオリジナルでもエンジンは韓国製のものに交換してあるからなんだそうです。タクシーの運転手は、走り始めるとたいてい自分の車の年数やスタイルを話始めます。
    キューバ人の生活がどういうレベルのものなのかを
    熱心にがんばって英語で説明してくれたタクシードライバー。
    私達が観光中にタバコを吸ってのんびり待っていてくれた超・背の高いドライバー。
    車内が広々として、シートベルトなんてもちろんなし、ラジオからはごく普通にサルサが流れている・・・もう私はそれだけでジーンとしちゃって、夢見心地でした。
    街中、猫だらけ!
    車だけでなく、毎日たくさん歩き回りました。娘はあちこちに猫や犬、うさぎまでいるので、大喜び。
    機械がないので、みんな手で作業しているため、永遠に
    かかりそうなパイプ工事。街のあちこちがこんな状態。
    道はゴミや工事の穴、犬のふんだらけで、汚いところも多いですが、建物と通り過ぎる車、ただ座ってるだけのおじいさんですら、絵になってしまう。
    毎日蒸し暑いので、すぐ服が汗でべちょべちょになります。
    道でうさぎが草を食べているのを写真に撮っている娘。
    ここまで蒸し暑いと思わなかったので、最小限の服しか持って行かなかったのです。それで毎晩、アパートで服を手洗いして干して、着回しました。停電の時はそれも大変でしたけど。だから、どの写真を見ても、同じ服ばかり(笑)。

    キューバから帰って来てからは、これまであまり聴かなかったキューバン・サルサばかり一日じゅう聴いています。すぐにどっぷりと影響を受けてしまうタイプなんです・・・。

    次は私達が6日間通ったサルサスクールの話を書こうと思います。

    September 14, 2017

    Hurricane Irma

    お久しぶりです!
    今日の午後、無事にCubaからL.A.に戻りました。
    今朝の空港。みんな、ちゃんと飛ぶのか心配で質問攻め。
    本来は日曜日の深夜に戻る予定でしたが、ハリケーンの影響でキューバの首都・Havanaの空港が閉鎖され、フライトがキャンセルされたのです。
    もう泥や汗で汚れていない服も、手持ちの現金も尽きてきました・・・。
    次の便が水曜日に延期になり、荷物をまとめて空港へ出向いたら、何と直前に二度目のキャンセル。それで今日ようやく戻れたのです。
    ようやく5分くらいつながったインターネットでハリケーン情報を得た。
    ハリケーンがキューバを直撃すると聞いて、首都から3時間離れたVinalesという街で4日ほど避難していました。
    無惨に倒れたダウンタウンの美しい街灯。
    強風と豪雨、三日間の停電が続き、確かに不安で大変でしたが、被害を受けた人や街を目の前で見ると、私達の不便さなど文句を言う値もないです。
    木が根っこから折れてしまいました。街のあちこちがこんな様子でした。
    何とかHavanaへ戻っても、木や電柱が折れて停電、多くの店は閉店、という状態でした。
    知り合ったキューバ人がみんな素朴で親切だったおかげで、
    街の印象までぐっと良くなりました。
    情報を得ようとしたり、会社や学校にも状況を連絡したくても、インターネットはほぼつながらない。それでも、泊まり先のホストの女性や知り合ったキューバ人にたくさん助けてもらって、何とか切り抜けました。
    停電なのでキャンドルを灯して蒸し暑い夜をじっと過ごしました。
    帰って来たばかりですけど、またすぐに戻りたいくらいCubaが大好きになってしまいました。文化も音楽も人も食べ物も何もかもが、私の気持ちにピッタリきました。
    普通なら二週間くらい旅行していると、そろそろ家に帰りたいな、なんて思うんですけど、今回は飛行機が離陸した時に、名残惜しくて涙が出てしまったほどでした。
    まだキューバ熱でぼーっとしている感じです。
    街のどこを歩いていても絵になるHavana。
    半月ほどメールチェックをしていない間に、たくさんの読者の方たちがハリケーンを心配してメールを下さいました。優しいメッセージ、本当に嬉しかったです。どうもありがとうございました!
    馬車とクラシックカーが普通に走っている街。
    次からCubaの話をぼちぼち書いていこうと思います。

    September 1, 2017

    すいかのアイスクリームケーキ

    前回の続きで、パーティの話です。

    誕生日のケーキは、アイスクリームケーキにしました。
    去年はうさぎのケーキ、2年前はガーデンカップケーキ、3年前はうさぎと風車のカップケーキ、4年前はネオンカラーのケーキ、5年前はプリンセスケーキと、毎年違うケーキを作ってきました。一目見て、わー!っと声が上がるような、店では売っていないようなケーキを目指しています。
    綿棒にフードカラーをつけて、適当に線を描きました。
    バニラアイスクリームをスクープの背で押し付ける。
    今年のはやや手抜き気味(笑)。
    子供たちに自分たちでパンケーキを作ってもらったので、朝にその準備が出来るように、前もって出来るアイスクリームケーキにしたというわけです。
    たっぷりのラズベリーを入れたアイスクリーム。
    底に敷くための薄いホワイトケーキを焼きました。
    99セントストアで買ったプラスチックの大きなボウルにラップを敷いて、緑のフードカラーで、スイカの皮の模様を描きます。
    アイスクリームにチョコレートチップを混ぜます。
    固まったバニラアイスにラズベリーアイスを入れます。
    市販のバニラアイスクリームを側面に押し付けるようにして均等な厚さにし、冷凍庫で冷やしておきます。
    よくスプーンで押さえて、空気を抜く。
    中のラズベリーアイスクリームは手作りしました。
    卵黄が6個も入った濃厚なバニラ生地に、ラズベリーをピューレ状にしたものを加え、アイスクリームメーカーで撹拌します。
    柔らかいうちにケーキをのせて、全体をラップで包む。
    ろうそく買い忘れて、数が足りなかった・・・。
    切るとこんな感じです。
    すいかの種に見立てたチョコレートチップを入れて、バニラアイスクリームの上に流します。卵白だけで作ったホワイトケーキを上に被せて、さらに冷凍庫へ。
    たくさんの友達にお祝いしてもらって、娘は幸せものです! 
    ちょっと皮の厚いスイカになってしまいました(笑)。


    どうやって作るの?と質問殺到でした。
    5時間もの長いパーティでしたが、みんな遊び足りなくて、「帰りたくなーい!」とお母さんが迎えに来たら、隠れる子が続出したほどでした。
    "Time flies when you are having fun!"、ゲストが楽しそうだと、私も幸せな気持ちになります。

    話は飛んで・・・。
    明日からキューバへ旅行してきます。
    オバマ大統領の時にアメリカ人もようやくキューバへ個人で旅行出来るようになったのですが、トランプ大統領になって、また難しくなったようです。再び、高くて自由の少ないツアー旅行に、取りにくいビザ・・・開いたと思ったドアが突然閉じてしまったわけです。

    ラッキーなことに、私達はけっこう前にチケットを買ってあったので、本当にギリギリで大丈夫なようです。でも実際に入国するまでわからないけど・・・。

    年始のドミニカ・プエルトリコ旅行に続いて、カリブ海づいていますが、キューバの独特の文化が残っているうちに行けるなんて、とても幸せ。貴重な体験を目に心に焼き付けて来ようと思います。

    ブログは、9月15日(金)に再開する予定です。
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...