July 4, 2022

San Luis Obispoで結婚式

独立記念日の三連休は北へ4時間ほどドライブしてSan Luis Obispoへ行きました。

ゴージャスなHearst Castle。

通ったことはあるものの、街の観光をするのは初めてです。今回の目的は、夫の元同僚とアシスタントの結婚式。ずいぶん前に付き合い始めた頃から知っているふたりで、本来ならパンデミック前に式を挙げる予定だったのですが、延期になってようやく2年越しでかないました。

山を見渡せる野外プール。

ガイドの女性が歴史を説明してくれます。

結婚式は夜だったため、その前に1時間ほど北にあるHearst Castleへ行きました。山の上までバスで登り、115もの部屋があるという巨大で豪華な城の中をガイドつきで見学しました。

イタリア製タイルのモザイクが素敵。

贅を尽くした巨大で美しい室内プール。

私はイタリアのタイルをひとつひとつ手で貼ったという室内プールが一番気に入りました。こんなプールで泳いでみたい。

ユニークなドーナッツがいっぱい。

こんな店が近所にあったらいいのにな。

Cambriaビーチは強風で吹き飛ばされそう。

戻りがてら、CambriaやMorro Bayに寄ったり、甘いものも満喫しましたよ。SloDoCoという可愛いドーナツショップ、Madonna Innで名物の大きなケーキも食べました。

面白いテーマの部屋で有名なInnです。

出来立ての巨大なケーキ!

銅と木彫りで埋め尽くされたレトロな店内。

バナナナッツケーキを注文しました。

超甘党の私でも朝から全部はキツい。

式の場所は新婦の生まれ育った家でした。式もディナーも野外ということは知らされていましたが、到着したら個人の家とは思えないような何エーカーもあるお屋敷。

個人宅と思えないようなゲート。

これが個人宅の敷地なのですよ!

ゲートをくぐっても家が見えないほど遠い!裏庭がはてしなく続いている!家がホテルのように広い!

日差しが強いのでパラソルが配られました。

ラバイが鳩を飛ばす前にスピーチ。

幸せの象徴、白い鳩が飛んでいます。

新郎新婦ともユダヤ人で、Rebbe(ラバイ)という聖職者によって式が進められました。参列者も一緒に掛け声したり、新婦が新郎の周りをぐるぐると7回歩いて回ったり、ラバイが歌ったり、独特な決まりがたくさんあって何をしたらいいのかわかりませんでしたが、周りを見て真似しました(笑)。

みんなでちぎって分けあって食べるハーラ。

椅子に座った夫婦を持ち上げ、ぐるぐる回る。

食事の前に、白い鳩をふたりで飛ばせるというセレモニーがあって、青空に飛んでいく姿が素敵でした。

眺めの良いサンルームもあります。

ディナーはバッフェスタイル。

オリーブの木の下でケーキカット。

ダンスタイム!

ディナー中は家族や友人からの祝辞があり、乾杯を何度も繰り返しました。アメリカ人のスピーチの上手さってやっぱり教育方針の力が大きいのかな?紙を見て真面目に読んだりするのではなく、笑いを取りながら自然に聴きたくなる話ができる人ばかりで感心します。

オリーブの木がたくさん植えられていて、ブーケやテーブル、ケーキの飾りも全部オリーブの葉っぱなんです。新郎新婦が歩く時に撒く花びらも庭のバラを乾かしたもの。

ケーキはふたつあって、新郎の好きなココナッツケーキ、新婦の好きなフラワーレスチョコレートケーキ。

とても温かくて素敵な結婚式でした。

June 30, 2022

コンバースに刺しゅう・25周年

今月のLighthouseコラムは黒いコンバースに刺繍をした話です。


娘は茶色のコンバースをほぼ毎日履いています。私が「靴は交互に履いて休ませた方が長持ちするよ」と言いました。それで黒いコンバースを買いに行きました。私はひもを結ぶのが面倒だなって思うけど、今の高校生はみんな履いてるんですよね、永遠の定番。

何にでも合う万能スニーカー。

コンバースはキャンバス地なので刺繍しやすいです。娘にデザイン画を描いてもらい、白一色で刺すことにしました。
私にはキャンバス地が黒板に見えます(笑)。

娘にスケッチしてもらいました。

ロゴ側はシンプルに直線ステッチ。

小さな星はフレンチノット。

娘は乙女座なので、その星図を中心に、いろんな形の星を散りばめてみました。ロゴの周りの側は直線ステッチで太陽のような感じに刺しました。

乙女座の位置を白いジェルペンで印をつける。

折れないように少し太めの針で。

糸は普通の6本取りの刺繍糸でなく、コットンパールという太めの糸を使いました。星図以外は下書きなしで適当に配置を見ながら刺しましたが、これがすごく楽しい!
星図を刺しています。

夢中になって刺したので三日で完成。

私も若かったら履きたいくらいです。

水曜日は私と夫が東京で出会ってから25年、300ヶ月の記念日でした。何と四半世紀です!
贅沢にビバリーヒルズのMatsuhisaで最高の寿司を食べてきました。
娘にとっては寿司は冒険の食べ物(笑)。

ようやく娘も寿司を食わず嫌いしないようになり、タコとかいくらとか食べたくないものは私と交換して食べました。でもわさびはいいけど、ガリはだめとか色々うるさい(笑)。

夫がサーバーの女性に「今日は記念日なんです」って言ったら、デザートに「Happy 25th Anniversary」とチョコレートで書かれた一口サイズのクレームブリュレをサービスしてくれました。プレーンとパッションフルーツと黒ごまの三種です。
おちょこに入ったクレームブリュレ。

来週の月曜日は独立記念日で祝日です。ブログもお休みしますね。

June 28, 2022

Marzipan petit four cake・ひよこ豆のCascatelli

Smitten Kitchen Every Dayという本からMarzipan petit four cakeを作りました。かなり手間のかかるお菓子だったので、写真がいっぱいです。


アーモンドペーストと砂糖。

バターを入れて撹拌。

アーモンドペーストを使ったレシピを見ると、試さずにはいられません。フードプロセッサーで砂糖と一緒に混ぜてサラサラにし、卵白を入れたしっとりした生地です。

卵白を入れてさらに混ぜる。



まずは白い生地を焼く。

これを4つに分け、フードジェルで色をつけました。型がひとつしかないので、生地を流して焼くのを繰り返しましたが、薄いのですぐ焼けるから問題なし。

残りはピンクに染める。



合計4台のケーキを焼きました。

間にジャムを挟んで、全体にガナッシュを塗ります。切り分けてきれいな色のグラデーションが見えた時のうれしさと言ったら!

ジャムを薄く塗る。


重ねて半分に切ります。

細長いのがふたつも出来ちゃいましたけど、中身はジャムだけ、ガナッシュも薄いので、わりとすぐ食べ切れました。

クリームとチョコレートをレンジで溶かす。


ガナッシュを塗ります。




あんずジャムが味を引き締めてくれます。

以前に書いた新しい形のパスタ、Cascatelliのひよこ豆バージョンがBanzaから発売されました。
形はオリジナルと同じですが、プロテインがいっぱいのパスタです。ちょっと短めに茹でるのがコツです。

私と娘は好きですが、夫はだめみたい。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...