August 18, 2022

パリ・ロンドン旅行・その1

お久しぶりです!16日間、パリとロンドン旅行をしていました。

いつもはかなり前から家族会議で旅行先を決め、旅行の計画が得意な夫が航空券やホテルなどを予約します。しかし今回は私の手術後の回復が予想できなかったので、ぎりぎりに決めたため、何でも高くついてしまいました。コロナ後の旅行ブームでハイシーズンのヨーロッパはどこも満員で値段も急高騰。

L.A.から直行便でOrly空港へ。

まずはパリ。今回はFrench Beeというマイナーな航空会社を使いました。食事サービスなどがない分、値段が安めですが、全く問題なく快適でした。私は機内でいちから刺繍を始めました。最後にどのくらい出来たかの写真を載せるつもりなので、お楽しみに。

メトロ駅からすぐ近くのブティックホテル。

部屋はふたつあります。

屋根裏っぽい雰囲気の部屋。

近くにスーパー・Monoprixがあったので便利。

パリでの宿はSt. Augustinからすぐの小さなブティックホテルLe Lavoisier。便利なロケーションで、シックなインテリアが素敵でした。

家庭的なビストロ。好きな雰囲気です。

パテ。中の肉が何かは謎のまま(笑)。

私の好きなメレンゲとカスタードのデザート。

最初の夜は時差ぼけだったので、カジュアルなビストロ・Aux Bons Crusで軽めにパテと白ワイン、Ile Flottante aux Pralines Rosesをデザートに食べました。

いろんな場所からエッフェル塔の写真撮影。

こちらはセーヌ川沿いで。

凱旋門、この日は猛暑!

ルーブル美術館、モナリザを見る人の行列。

暑かったことしか印象にないルーブル(笑)。

翌日からはこれぞパリ!という観光名所を次々に訪れました。娘は小学生の頃に一度パリに行きましたが、あの頃は食べず嫌いでレストランも楽しめなかったし、第一あまり覚えていないらしい。

モンマルトルの丘からのパリの眺め。

モンマルトルのサクレ・クール寺院。

ポンピドゥセンターの外観。

荷物を預けるロッカールームもおしゃれ。

オペラ座は中に入って見学する価値がある!



オペラ座のシャガールの天井画。

また違った場所からのエッフェル塔。

エッフェル塔を階段で登りました。

今回はメインが娘の選んだ可愛いレストラン巡り。インスタグラムやTikTokで見て気に入った店を見つけ、それを夫が地図で見てスケジュールに組み込んでくれました。私はふたりのリサーチ能力を信頼しているので、何も知らないままで行ってからのお楽しみ(笑)。

娘がモロッコ料理のおいしさに目覚めました。

Essaouiraは夫が選んだレストランで大ヒット!

Breizh Cafeでガレットとサイダー。

ロンドン発のEL&Nですが、パリ店へ。

私のサファイア・ラテのアート!

この雰囲気ですから、客はほぼ女性のみ(笑)。

大人気・イタリアンレストランPink Mammaのバー。

前菜いろいろ。違った皿も素敵。

生パスタ、ジェノベーゼソース。

大人気のレストランで予約が難しいPink Mamma

KafKafでの可愛いブランチ。

目立たない場所なのに満員。

このKafKafも娘が行きたかったカフェ。

Saint Pearlは小さくて可愛いカフェ。

私のグルテンフリーパンケーキ。

エッフェル塔にも歩いて登ったし、凱旋門、ルーブル美術館、ポンピドゥセンター、オペラ座、マレ地区、モンマルトルなど、地下鉄とバスで回りました。毎日2万歩くらい歩きました。

ブラッセリーで私の好物の生牡蠣も食べました。

それにしても、パリの地下鉄は階段が多いですねー。スニーカーを履いて行ってよかったです。

この後は電車でロンドンへ。そして後半にまたパリに戻ってきます。旅行記は続きます。

July 29, 2022

久しぶりのPasteis de Nata

ポルトガルで毎日食べたPasteis de Nata、久しぶりに作ってみました。前回作った時はマフィン型を使いましたが、生地が伸ばしにくかったので、専用の小さな型を買いました。

粉と水を混ぜて生地を作る。

生地をできるだけ薄く伸ばします。

めったに使わないとわかってるのに、どうしても欲しくなってしまう。こうしてついお菓子の型を買ってしまうので、私のお菓子道具の棚は常に満杯です。

柔らかくしたバターを塗り広げる。

三つ折りにして、同じ作業を繰り返す。

巻いた生地を冷やす。

このタルトは生地の作り方が面白い。水と粉だけの生地を伸ばして、柔らかくしたバターを塗ってくるくる巻きます。クロワッサンの簡単バージョンという感じかな。

生地の断面はこんな感じ。

新しい型を使うのはいつもワクワク。

指でつまむように伸ばす。

これを薄く切って小さな型に指で伸ばします。回しながら伸ばせるので、マフィン型より作業がしやすいです。やっぱり買ってよかったって思いました。

下焼きはしません。

レモンとシナモンの香りを移したシロップ。

牛乳を加える。

カスタードを作って、パイに注ぎ、一番高温のオーブンで焼きます。これは焼き立てが命なので、一気にたくさんは作りません。その日に食べきれそうな分だけ生地を伸ばしてカスタードも半量で。

卵黄でコクを。

カスタードを注いだらすぐ焼く。

生地からバターが流れ出します。

パイ生地はぱりぱり、カスタードはクリーミー。最高です!

ふた口サイズの小さなタルト。

またTrader Joe'sの缶入りキャンドルを買いました。今度はピーチブラックティーの香りです。
夜の始めにちょっとだけ灯します。

子宮卵巣摘出手術後、初めてのRueda de Casinoに参加しました。
久しぶりでいろんな動きを忘れていたけど、楽しく踊ってきました。水色のワンピースの人が私です。

ブログを3週間ほど休みます。今回は手術じゃなくて旅行なので、ご安心を(笑)。次回の更新は8月19日(金)の予定です。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...